中国インフレ、中国貿易統計、日経平均上昇

3時間前

ポートフォリオマネジャーは、日銀には政策変更を裏付けるデータがあまりないと主張

日銀は昨年、超緩和金融政策を堅持し、金利をマイナス0.1%に維持し、10年国債利回りの上限を1%に維持するイールドカーブ・コントロール政策を堅持した。 。

中銀は、時期尚早な措置が最近の新たな経済発展を損なう可能性があるとの懸念から、政策スタンスの緩和には慎重になっている。

コムジェストのポートフォリオマネジャー、リチャード・ケイ氏は「金融政策に根本的な変化は見られないと思う」と語る。

ケイ氏は、日銀が近いうちに政策から離脱すると予想されているというコンセンサスに反論し、「政策を変更するというそれほどの圧力はない。繰り返しになりますが、インフレの話で、日本は量的スタンスを突然変えるつもりです。私はそうではありません」と付け加えた。データがそれを裏付けていると思います。」

投資家の注目は現在、日銀が政策変更を行う可能性がある3月の春季賃金交渉に集中している。

「しかし、突然賃金に大きな変化が見られれば、インフレ指標にも大きな変化が見られることになる。なぜなら、これまで賃金は適切だったからだ。賃金を変えるというプレッシャーはそれほど大きくない」とケイ氏は言う。

– シュレヤシ・サンヤル

5時間前

中国の12月の輸出は改善の見通しを示しているが、2023年の貿易全体は減少する

金曜日の税関統計によると、中国の輸出は12月に予想を上回って増加したが、2023年の全体的な減少を補うことはできなかった。

先月の輸出は米ドルベースで前年比2.3%増加し、ロイター調査の予想1.7%増加を上回った。 12月の輸入はドルベースで前年同月比0.2%増と、ロイター調査で予想されていた0.3%増をわずかに下回った。

税関データによると、2023年通年では輸出が4.6%減少、輸入が5.5%減少した。

全文はこちらからお読みください。

– エブリン・チェン

7時間前

中国CPIの下落が予想よりも鈍く、株価は下落を反転

中国本土と香港の株価は中国の損失を受けて下落を反転 消費者物価指数なし 12月には予想よりも緩やかな下落を記録した。

ハンセン指数は0.32%上昇、CSI300指数は0.21%上昇したが、いずれもマイナス圏で始まった。

同国のインフレ率は11月のマイナス0.5%と比較してマイナス0.3%となり、ロイター調査で予想された0.4%に比べて緩やかな低下となった。

中国生産者物価指数 製造業者が販売する商品の価格の変化を測定するこの統計は、前年同月比2.7%の下落を記録し、11月の3%の下落よりも鈍化した。

– イム・ヒジー

7時間前

米国と英国がイエメンの反政府勢力フーシ派を攻撃したことを受け、原油は2%上昇した

紅海の緊張が高まる中、英国と米国がイエメンのフーシ派支配地域の標的への軍事攻撃を開始したことを受け、原油価格が上昇した。

金曜日のアジアの取引時間で、世界の指標であるブレント原油は1.87%上昇して1バレルあたり78.90ドルとなり、米国のウェスト・テキサス・インターミディエイト先物は2.05%上昇して1バレルあたり73.49ドルとなった。

ジョー・バイデン米大統領は声明で、「こうした標的型攻撃は、米国と同盟国が我が国の人員への攻撃を容認したり、敵対勢力が世界で最も重要な通商ルートの一つで航行の自由を損なうことを容​​認しないことを示している」と述べた。 木曜日の夕方。

– リー・インシャン

3時間前

第1四半期決算が予想を上回ったことで、ユニクロの親会社の株価は7%近く上昇した

日本の小売持ち株会社ファーストリテイリングの株価は7%近く上昇した。 同社会計年度の第1四半期は2023年9月から11月までとなる。

会社自体 莫大な賭け金 日経225指数におけるウエートの10.45%を占めます。

ファーストリテイリングの主な子会社は衣料品チェーンのユニクロだが、カジュアルウェアのディスカウント小売店ジーユーなど、他の定額制ブランドも傘下に持つ。

同社は決算発表で次のように述べた。 純利益を獲得 前年同期比26.7%増の1,078億円(7億3,957万ドル)。 総売上高は、主にユニクロの売上増加により、前年同期比13.2%増の8,108億3,000万円となりました。

9時間前

CNBC Pro: DSMC など: ゴールドマン・サックスはこれらのアジアのハイテク株を好み、37% の上昇余地を与えている

多くの投資家は過去数カ月間、ハイテク株に対して強気の見方をしており、ゴールドマン・サックスも例外ではない。

同投資銀行はアジアのテクノロジー・ハードウェア分野の機会を強調し、循環回復、人工知能、半導体サプライチェーンの変化などの地政学的状況の影響など、2024年の「焦点」を挙げた。

ゴールドマン・サックスの高山大樹氏率いるアナリストはメモで、「全体として非常に緩やかな循環的回復が予想されており、引き続き個別株の機会を探っている」と述べ、信託上場銘柄4銘柄を含む買いと評価されている銘柄を挙げた。 テーマを再生します。

同銀行のヒットリストには、市場を打ち負かすと予想される買いの評価上位の銘柄のアイデアが含まれている。

によると

– アマラ・バラクリシュナ

9時間前

CNBCプロ:BofAは利下げが始まればこれらの欧州株の株価は良くなると言う

投資家は今年さらなる利下げを期待しており、米連邦準備理事会(FRB)は少なくとも3回の利下げを示唆し、過去2年間にわたる積極的な利上げキャンペーンに終止符を打った。

問題は、最初の値下げがいつ行われるかということです。

BofAは、世界企業が金利低下時にアウトパフォームし、最初のサイクル緩和後に過去の平均パフォーマンスに「まだ力強く回復していない」というスクリーニングを作成した。

同様の状況にある企業を欧州中央銀行より速いペースまたは遅いペースで審査し、その逆も同様だった。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– ヴァイセン・ドン

20時間前

12月のCPIは予想以上に上昇

12月のインフレ率は予想以上に上昇した。

先月の消費者物価指数は11月比0.3%上昇した。 前年比、CPIは3.4%上昇した。 ダウ・ジョーンズがまとめたエコノミストらは、CPIが12月の前月比0.2%上昇、年率3.2%上昇すると予想していた。

しかし、食品とエネルギー価格を除いた、いわゆるコアCPIは価格圧力の緩和を示している。

– フレッド・インバート

17時間前

エコノミストのマッカリー氏は、FRBは依然として高インフレをさらに抑制する意向があると述べた

エコノミストのポール・マッカリー氏は木曜日、12月のインフレ統計が予想を若干上回ったことは、連邦準備理事会(FRB)の年内利下げ傾向に逆行する可能性は低いと述べた。

マッカリー氏は、消費者物価指数のインフレ率は前年比3.4%上昇しているものの、FRBの政策は「明らかに進んでいる」と主張した。

「次の動きは利下げであり、我々を中立に戻すためには利下げを繰り返すことになるだろう。それが市場が取り組んでいるテーマだ。私はそれが正しいテーマだと思うが、その日のデータは実際にはそうではない」変わります。すべてです」とマッカリーはCNBCの「Squawk on the Street」のインタビューで語った。

しかし、インフレニュースを受けて株価は下落した。

「データや市場でも騒がしいが、我々は基本的にすでにソフトランディングのレトリックの中にあり、タイミング、スピード、規模の点で実際にそれが起こるのを待っている」とマッカリー氏は付け加えた。

– ジェフ・コックス

13時間前

ビットコインマイナーが午後の取引で下落

証券取引委員会が木曜日に米国初のスポットビットコインETFの市場投入を承認した後、不安定な取引で仮想通貨の価格が反落する中、ビットコインマイナーらはこれまでの利益を取り戻した。

マラソン・デジタルとライオット・プラットフォームズの2大鉱山株はそれぞれ15%以上下落した。 ウォール街の人気株であるアイリス・エナジーとクラインスパークはそれぞれ9%、7%下落した。 ビットコイン価格が一時2021年12月以来初めて4万9000ドルを超えたことを受け、投資家は利益確定に動いている。 46,000ドルまで下落しました。

2023 年の株式市場で最も値上がりした企業の一部はマイナーです。 今年のマラソンはほぼ 590% 高く終了し、リヤドは 350% 以上上昇しました。 クラインスパークとアイリス・エナジーは400%を超える上昇を記録した。

– タナヤ・マシェル

13時間前

FAA、パネル爆発でボーイングを捜査へ

米連邦航空局は木曜日、ボーイング737 Max 9型機のサイドパネルが土曜日に飛行中に飛び出したことを受け、ボーイングに対する調査を開始したと発表した。

FAAによると、調査ではボーイング社が「最終製品が承認された設計に準拠しており、FAAの規定に従って安全に運航できる状態にあるかどうかを確認できなかった」かどうかが調査されるとしている。

ボーイング株は正午の取引で2%近く下落した。

– レスリー・ジョセフス、マイケル・フォックス

READ  Lyft の CEO は、オフィスに戻る必要があると従業員に伝えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です