中国人民銀行、成長促進を目指しRRR引き下げを発表

潘公生氏は、2023年7月1日に中国人民銀行の党書記に任命された。

ビデオビジュアルチャイナグループ | 良い写真

北京 – 中国は、低迷する経済をてこ入れするため、早ければ来月にも銀行が準備金として保有しなければならない流動性の額を削減すると約束した。

中国人民銀行の潘公勝総裁は北京での記者会見で、2月5日から銀行の預金準備率要件が50ベーシスポイント引き下げられ、1兆元(1398億ドル)の長期資本が供給されると述べた。 。 水曜日。

昨年の2回の預金準備率引き下げに続き、今年初めての預金準備率引き下げとなる。 人民銀は水曜日、さらなる金融緩和の余地があると述べた。 銀行が維持しなければならない預金準備率を引き下げることで、貸し手の信用供与能力が高まり、経済全体での支出を刺激することができる。

先週発表されたデータによると、世界第2位の経済成長率は2023年に5.2%となり、公式予想とほぼ一致した。 第4・四半期の国内総生産(GDP)成長率も5.2%だったが、エコノミストの平均予想には及ばなかった。

新型コロナウイルス感染症後の回復は鈍く、中国の首脳らは回復が「残酷」なものになると警告している。

中国政府は、大手不動産開発業者の一部が深刻な信用問題に直面する中、かつて肥大化していた不動産セクターを強化しながら、的を絞った方法で成長を促進しようとしている。 これにより金融リスクが増大し、消費者の信頼が損なわれました。

中国は月曜日に次のように約束した。市場本来の安定性の強化「国内および海外の株式市場が暴落するさなか。

これは成長する物語です。 さらに最新情報を確認してください。

READ  ヒート vs ナゲッツ、観戦方法、オッズ、ストリーミング配信場所など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です