中国GDP、日本トンガ、シンガポール NODX

5時間前

香港株は不動産株主導で2%超下落

香港のハンセンアジア指数は、不動産株と消費者向けの非景気循環株の下落を受けて、2日連続で2.76%下落した。

中国ハイテク大手アリババの子会社であるアリババ健康信息技術は7.43%下落し、HSIで最大の値下がりとなった。

これに住宅不動産管理会社ロングフォー・グループとハイテク大手の美団がそれぞれ5.68%、5.48%下落した。

7時間前

中国は12月の小売売上高が期待外れだったため、第4四半期のGDPが下回ったと報告

中国が発表した第4・四半期のGDP統計は予想を若干下回り、2023年の成長率は5.2%となった。

中国国家統計局は水曜日、10~12月期の同国の経済成長率が5.2%だったと発表した。 これはロイターがまとめたエコノミスト予想の5.3%成長率を下回った。

中国統計局の発表によると、12月の都市部の失業率は5.1%、16~24歳の失業率は14.9%となった。

同局は計算方法を再評価する必要があるとして、夏の間、若者の失業率の公表を一時停止した。 この失業率は以前は20%を超える記録まで上昇していた。

全文はこちらからお読みください。

エブリン・チェン

9時間前

日本の大企業の景況感が悪化

月例ロイター短観調査によると、日本の大手製造業の景況感は1月に4カ月ぶりに低下した。

製造業のセンチメント指数は+6と12月の+12から6ポイント上昇し、1月のサービス部門指数は+29と前月の+26から上昇した。

ロイターの月例世論調査は、日本銀行の重要なタンゴ四半期調査を追跡しており、楽観的な回答者の割合から悲観的な回答者の割合を差し引いて計算されます。 ポジティブなイメージとは、楽観主義者の方が悲観主義者よりも多いことを意味し、その逆も同様です。

ロイター調査では、特に中国からの外需の低迷に対する懸念が浮き彫りとなった。

– イム・ヒジー

8時間前

シンガポールの12月の非石油国内輸出は予想外に減少

9月 2021年28日火曜日、シンガポールの人気のない通りにあるカフェの客たち。

ローリン・イシャク | ブルームバーグ | 良い写真

シンガポールの12月の非石油国内輸出は予想外に前年同月比で減少した。 公式データ を示した。

シンガポールのNODXは先月1.5%下落したが、ロイター調査では3.3%上昇が予想されていた。 NODXは11月に1%上昇した。

この減少はエレクトロニクス製品の輸出の減少によるものでした。 非電子製品の輸出が増加した。

シンガポールのトップ市場である台湾、韓国、日本への輸出は2023年最後の月に大幅に減少した。

ただし、中国、香港、欧州連合、米国では NODX が上昇しました。

– シュレヤシ・サンヤル

9時間前

CNBC Pro: 「ヒントに基づいて購入」: モルガン・スタンレー、欧州ハイテク株のお気に入り銘柄を挙げる

モルガン・スタンレーによると、欧州のハイテクハードウェア業界の「ジェットコースターの年」である2023年は好調のうちに終わり、現在は循環的な回復が始まっているという。

ウォール街銀行は、投資家が周期的な回復を見て、人工知能、高度なパッケージング、炭化ケイ素、ゲートオールアラウンドトランジスタなどの主要テーマに焦点を当てることを期待している。

モルガン・スタンレーのアナリストらは、これらのテーマを総合すると「年間を通じて、特に24年下半期に収益の勢いを高める可能性がある」と述べ、オーバーウエートとする6銘柄を挙げた。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– アマラ・バラクリシュナ

9時間前

CNBC Pro: 「再びチャンス」: シティなどがバイオテクノロジーなどで急成長、銘柄名を公表

2023年はヘルスケアセクターにとって良い年ではなかったが、一部の投資家は今年の回復を期待しており、注目分野としてバイオテクノロジーと医療技術を強調している。

シティは、人口動態の変化や人工知能の恩恵を踏まえ、医療業界は「リーダーの座に戻る用意ができているようだ」とし、「医療収益の回復が2024年の同部門のアウトパフォームの主要な原動力の1つになると予想している」と述べた。

CNBC Pro では、銀行や他の国のストラテジストが提供する銘柄選択やその他の投資のヒントを取り上げます。

購読者はここで詳細を読むことができます。

– ヴァイセン・ドン

17時間前

ウォレスFRB理事が利下げが予想より遅れる可能性があると述べたことを受け、利回りは上昇した。

米連邦準備理事会(FRB)のクリストファー・ウォーラー総裁が利下げには時間がかかる可能性があると示唆したことを受け、火曜日には10年国債利回りが9ベーシスポイント近く上昇した。

「インフレが回復せず、高止まりする限り、私はそう信じています。 [Federal Open Market Committee] 今年はフェデラルファンド金利の目標レンジを引き下げる可能性がある」とウォラー氏はブルッキングス研究所での講演で述べた。

同氏は「利下げ開始に間に合うよう、計画的かつ慎重に利下げできると信じている」と述べた。 「これまでのサイクルの多くでは…削減率は反応的かつ非常に迅速で、多くの場合大規模でした。しかし、今回のサイクル…過去ほど迅速に行動したり削減したりする理由は見当たりません。」

– キム・ハギョン

15時間前

ドル高と金利期待で原油下落

火曜日の原油価格は、連邦準備制度理事会当局者が中央銀行が市場の予想ほど利下げしない可能性があると示唆したことを受けて米ドルが上昇したことを受けて下落した。

ウエスト・テキサス・インターミディエート先物2月限は56セント(0.77%)安の1バレル=72.12ドルで落ち着いた。 3月渡しの北海ブレント先物は13セント(0.17%)下落し、1バレル=78.02ドルで取引された。

米連邦準備理事会(FRB)のクリストファー・ウォーラー総裁が、いずれ「系統的かつ慎重に金利を引き下げる必要がある」と発言したことを受け、ドル指数は1%近く上昇した。

ウォーラー総裁は、インフレが回復せず高止まりする限り、今年の利下げは可能だと認めた。

投資家が中東、特に紅海における緊張を注視する中、火曜日の取引開始時に原油価格は上昇した。

石油大手シェルは、フーシ派民兵による水路内の商船への攻撃への懸念から、紅海を通る輸送を停止した。 ウォールストリートジャーナル 報告。

– スペンサー・キンボール

16時間前

マイクロソフトとエヌビディアがS&P500銘柄16社の中で最高値を更新

マイクロソフトとエヌビディアは、火曜日に新高値を更新したS&P500銘柄16銘柄のうち、いずれも「ビッグ7株」となった。 マイクロソフト株は1986年3月以来の水準で取引され、一方エヌビディア株は1999年1月以来の水準となった。

過去最高を記録した他の名前は次のとおりです。

  • パロアルトネットワークス 2012年7月のIPO以来、史上最高値で取引された
  • ラットリリー 同社は 1952 年に初めて株式公開を行うまで、史上最高値で取引されました。
  • CBOEホールディングスは2010年6月のIPOで史上最高値で取引された
  • TJX企業は1987年のIPOまで史上最高値で取引されていた
  • オールステート 1993 年の IPO では史上最高値で取引されたシアーズは、元々はローバックの保険子会社でした。

– リサ・カイライ・ハーン、クリストファー・ヘイズ

14時間前

エネルギー・マーズがセクター損失をリード

火曜日のS&P500種指数の中で最も下落率が高かったのはエネルギーセクターで、米ドル高を受けて原油価格が下落したため、2.1%下落した。 EQT、APA、EOG Resourcesはいずれも約3.4%下落した。

大手銀行の相次ぐ決算発表を受けて金融株も下落した。 朝方に四半期決算を発表したモルガン・スタンレーは5.2%下落した。 PayPalとT Roweの価格グループはそれぞれ4.6%、3.9%下落した。

– キム・ハギョン

READ  ニコラ創設者のトレバー・ミルトン氏、詐欺罪で懲役4年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です