中銀はインフレ率が2%の目標に向かって進んでいることにさらなる確信を求めていることが議事録で明らかになった

FRB当局者らは3月の会合で、年内のある時点で利下げを実施すると予想しているものの、インフレ率が十分な速さで低下していないことに懸念を表明した。

連邦公開市場委員会が短期借入金利の据え置きを再度決議した会合で、政策担当者らはインフレは緩和しているものの、十分に楽観的な形ではないのではないかとの疑念を表明した。 中銀は現在、政策金利の目標を5.25─5.5%としている。

このため、FOMCメンバーは会合後の声明で、インフレ率が中銀の年間2%目標に向けて安定的な軌道に乗っていると「さらに確信」するまでは利下げしないことに賛成票を投じた。

議事要旨には「参加者は総じて、高インフレの持続可能性について不確実性があると指摘し、最近のデータはインフレが2%に向けて着実に進んでいるという確信を高めるものではないとの見解を表明した」と述べた。

当局者らは会合でのインフレに関する長時間の議論の中で、地政学的な混乱とエネルギー価格の上昇がインフレを押し上げるリスクであると述べた。 彼らはまた、緩和的な政策が物価圧力を高める可能性にも言及した。

マイナス面として、彼らは労働市場のより均衡の取れたもの、テクノロジーの進歩と中国経済の弱さ、商業用不動産市場の悪化を挙げた。

2024年3月20日に米国ワシントンで金利政策に関する2日間にわたる連邦公開市場委員会の会合後に記者会見する米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長。

エリザベス・フランツ | ロイター

両首脳はまた、1月と2月の予想を上回るインフレ率についても議論した。 ジェローム・パウエル大統領は、2カ月の遅れは季節的な問題による可能性があるとしながらも、現時点で判断するのは難しいと述べた。 会議には反対するメンバーもいた。

議事要旨には「一部の参加者は、最近のインフレ上昇は比較的広範囲にわたるため、単なる統計の変動として無視されるべきではないと指摘した」と述べた。

議論のその部分は、インフレに関する中央銀行の悪いニュースと同じ日に発表されたことを考えると、ある程度関連性があった。

CPIは彼らの懸念を裏付ける

インフレ指標としてよく使われる消費者物価指数については中銀はあまり重視していないが、12カ月物金利は3月時点で3.5%だった。 これは市場予想を上回り、2月から0.3%ポイント上昇した。

CPIの発表を受けて、トレーダーらはフェデラル・ファンド先物市場の予想を修正した。 市場は現在、9月に行われる最初の利下げを織り込んでおり、今年の利下げは合計2回となった。 発表に先立ち、3月会合後に公表された「ドットプロット」では6月の最初の引き下げが支持され、計3件となった。

議事要旨には、会合での議論で「全参加者の過半数が、経済がおおむね予想通りに推移すれば、今年のある時点で政策をより緩和的なスタンスに移行することが適切であると判断した」と記されている。 「この見解を支持するものとして、両首脳は、インフレプロセスは一般的にある程度不均一であると予想される軌道をたどっていると指摘した。」

当局者らは会合の他の業務において、バランスシート削減を終了する可能性について議論した。 FRBはまた、米国債と住宅ローン担保証券の保有額を約1兆5000億ドル削減した。

いわゆる「量的引き締め」をどのように緩和するかについての決定や示唆はなかったが、議事要旨では縮小幅が現在のペースから「およそ半分」になり、そのプロセスが開始されるべきだと述べられている。 ほとんどの市場エコノミストは、このプロセスが今後 1 ~ 2 か月以内に始まると予想しています。

議事録では、メンバーは「慎重な」アプローチが取られるべきだと考えていると指摘した。

CNBC PRO からの次のストーリーをお見逃しなく。

READ  Google Pixel 8A は、遠くまで行けるミッドレンジのスマートフォンです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です