主要メディアがドナルド・トランプ氏とジョー・バイデン氏を討論会に招待している

遊ぶ

報道機関12社は日曜日の共同声明で、大統領候補者であるジョー・バイデン大統領とドナルド・トランプ前大統領に対し、2024年に予定されている本選挙討論会に参加することを誓約するよう求めた。

「この二極化した時代にアメリカ国民が同意できることが一つあるとすれば、それは今回の選挙の賭け金が非常に高いということだ。そのような背景に対して、アメリカ国民の前で候補者同士がお互いに議論し、我が国の将来についてのビジョンを語ることに代わるものはない」 。 USA TODAYなどの報道機関は共同声明でこう書いている。

「本選挙の討論会は、私たちのアメリカ民主主義において豊かな伝統を持っており、1976年に遡り、過去50年間のすべての大統領選挙で重要な役割を果たしてきました。それらの各選挙では、何百万人もの人々が候補者が自分の側について討論するのを視聴しました。一方で、アメリカ国民の投票のためのアイデアの競争。」

書簡では特定の候補者の名前は挙げられていないが、バイデン氏とトランプ氏は今年初めに党の指名候補を固定化した。

この書簡に署名した報道機関のリストには、ABCニュース、AP通信、CBSニュース、CNN、C-SPAN、FOXニュースメディア、NBCユニバーサル・ニュース・グループ、ニュースネーション、ノティシアス・ユニビジョン(ユニビジョン・ネットワーク・ニュース)、NPR、PBSニュースアワーが含まれる。

超党派の大統領討論委員会が予定している3つの大統領フォーラムは、9月16日にテキサス州サンマルコのテキサス州立大学で始まる予定だ。 2回目の討論会はピーターズバーグのバージニア州立大学で開催される。 バージニア州では10月1日、2024年選挙前の最後の討論会は10月9日にユタ州ソルトレイクシティのユタ大学で開催される。 バージニア州立大学出身 歴史的に黒人の大学が大統領討論会を主催

トランプ大統領の再選陣営は木曜日、大統領討論委員会に対し、秋の日程をできるだけ早く変更するよう正式に要請した。

トランプ陣営の書簡には「トランプ大統領はいつでも、どこでも、どこでも討論に応じる用意がある。今こそこうした討論を始める時だ」と書かれている。

トランプ氏は共和党予備選での対戦相手について言及することを拒否した。

バイデン陣営はまだ討論会に参加していないが、木曜日、トランプ大統領は自分の要求は政治的な遊びだと述べた。 バイデン陣営は、大統領が2月に述べた「私が彼だったら、自分自身で討論したいだろう。彼には他にできることはない」とのコメントを繰り返した。

日曜日に発表された声明では、どの候補者にとっても招待状が発行されるのは時期尚早だが、「資格基準を満たすことを望む候補者が支持と参加の意思を公に表明するのは早すぎるわけではない」と述べた。委員会の審議は今秋に予定されている。」

READ  英国のインフレ率は4.6%に低下、2年ぶりの低水準となった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です