今日のアジア株式市場: ライブ最新情報

1時間前

EVメーカーが首位を陥落、香港株は2%下落

香港のハンセン指数は取引終了までの1時間で2.13%下落し、2週間ぶりの安値を付けた。

テスラが水曜日に期待外れの第3四半期決算を発表したことを受け、香港上場の中国EVメーカーの株価は下落した。

中国のEVメーカーBYDと小鵬の香港上場株はそれぞれ3.65%、9.10%下落した。 李汽車は3.90%下落し、ネオと吉利はそれぞれ8.29%、4.50%下落した。

投資家は今後、金曜日に発表される9月の香港消費者物価インフレ統計に注目するだろう。

ハンセンは年初から12%以上下落している。

– シュレヤシ・サンヤル

5時間前

加古CIO、SM買収時の株操作容疑で逮捕:韓国メディア

韓国のハイテク大手カゴの最高投資責任者が、K-POPレーベルSMエンターテインメントの買収に関連した株価操作の疑いで逮捕されたと報じられている。

2月、カカオとK-POP代理店ハイプはSMの過半数株式を取得するために入札合戦を繰り広げた。 ハイブは株式14.8%を取得した後、他の株主から株式を買い取る公開買い付けを開始したが、その後公開買い付けを中止した。

聯合ニュースが報じた 韓国の金融市場監視官ペ・ジェヒョン氏とカカオ幹部2人は、SMが株式公開買い付け価格を上回るよう株価をつり上げた疑いがある。

その後、カカオとその子会社カカオエンターテインメントは3月にSMの株式の40%近くを取得し、K-POPレーベルの経営権を掌握した。

– イム・ヒジー

6時間前

韓国銀行は金利を予想通り3.5%に据え置いた

またしても韓国中央銀行 主要政策金利を3.5%に据え置いた。ロイターがエコノミストを対象に実施した調査の予想と一致した。

韓国銀行は発表文の中で、国内のインフレは「基調的な減速が続く予定」だが、インフレの将来の軌道には不確実性があると述べた。

韓国銀行によると、韓国のインフレ率は9月の3.4%から9月の3.7%に上昇したが、9月のコアインフレ率は8月と同じ3.3%となった。

韓国銀行はインフレ率が2023年末までに3%を下回り、2024年も緩やかな推移が続くと予想しているが、「世界的な原油価格と為替レートの高さの影響により、インフレの上振れリスクが高まっている」と指摘した。 金利も高く、イスラエルとハマスの紛争も原因だ。」

– イム・ヒジー

7時間前

オーストラリアの9月の失業率は3.6%に低下、予想を下回った

オーストラリアは季節調整済み 失業率は3.6%まで低下した 9月にロイターがエコノミストを対象に実施した調査では、3.7%で据え置きとなる見通しだった。

それにもかかわらず、同国の参加率は66.7%に低下した。 参加率は、生産年齢人口のうち、働いているか仕事を探している割合を測定します。

失業率はオーストラリア準備銀行が金融政策を決定する際に考慮する指標の1つです。 RBAは11月3日に金利決定を発表する予定。

– イム・ヒジー

7時間前

CNBCプロ:ESGは「これまで以上に混み合っている」とアリアンツのバーンスタイン氏、取り組むべき「確信度の高い」株式アイデアを挙げる

アライアンス・バーンスタイン氏によると、ESGは「かつてないほど混雑」しており、これに対応するための「確信度の高い」株式アイデアが明らかになっているという。

世界的な資産管理会社のアナリストらは10月17日のメモで、混雑は「見落とされやすく、しばしば誤った評価をされるリスク要因」であると指摘した。 混雑した株式は、高いリターンと短期的な安定性が期待されるコンセンサス取引に基づいて構築されている、と彼らは付け加えた。

群衆の規模は地域によって異なるとアナリストらは書いており、現在注目している銘柄を挙げている。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– アマラ・バラクリシュナ

8時間前

日本の9月貿易収支は予想外の黒字に転換

日本登録 貿易黒字は624億円 これはロイターがまとめた9月の貿易赤字425億円(4億1660万ドル)というエコノミスト予想を上回った。

日本の関税庁のデータによると、9月の輸出は前年同月比4.3%増加したが、輸入は前年同期比16.3%減少した。

ファクトセットによると、中国経済の低迷が続いていることを反映し、アジア向け輸出は9カ月連続で減少した。 ファクトセットは、輸出は西側市場への輸出によって支えられたと付け加えた。

– イム・ヒジー

7時間前

CNBCプロ:JPモルガン、利下げは株価にとって悪材料の可能性があると警告

JPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル市場ストラテジスト、ヒュー・キンバー氏によると、連邦準備制度による来年の利下げは米国株投資家にとって悪いニュースとなるだろう。

同ストラテジストは、来年の利下げに対する市場の予想はアナリストの利益成長予想と食い違っていると考えている。

むしろキンバー氏は、FRBが2024年に金融緩和を縮小すると、企業収益の低下とともに株価の足かせになると考えている。

CNBC Pro の購読者は、Gimber のビジョンとその環境での投資先について詳しく読むことができます。

– ガネーシュ・ラオ

7時間前

CNBCプロ:パイパー・サンドラー氏、年末までに「自信の高い」大型株を保有

パイパー・サンドラー氏は同社の大型株に「高い信頼感」の年末格付けを与え、月曜終値以降の同株の潜在力を約20%とした。

」[There’s] 今後 3 ~ 5 年間の収益と EPS 成長には複数の上昇要因がある」とアナリストは述べています。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– ヴァイセン・ドン

14時間前

FRBの報告書によると、雇用と物価は上昇しており、経済は変化していない

米連邦準備理事会(FRB)は水曜日の報告書で、過去6週間の米国経済は「ほとんど、あるいは全く変化」を示さなかったと述べた。 ベージュブックレポート

報告書によると、支出は「まちまち」だったが、物価は「緩やかなペース」で上昇したという。 企業は、インフレ率は今後も上昇し続けると予想しているが、そのペースは緩やかになると予想していた。

雇用に関しては、企業が「それほど緊急性のない」採用を行ったため、ほとんどの地域で「わずかから中程度の増加」が見られた。 より広範には、回答者は経済成長が「安定しているか、若干弱まる」と予想していた。

– ジェフ・コックス

14時間前

シティのクローナート氏、中東紛争が抑制されている限り株価は「かなり良い状態」に見えると語る

中東の地政学的な緊張が長引くため、株価は依然として「不確実」だが、シティのスコット・クロナート氏によると、紛争が続く限り市場は良好な状態にあるはずだという。

同氏は水曜日、CNBCの番組「スコーク・オン・ザ・ストリート」で、「私が考えるに、株価は上昇しているということだ」と語った。 「それが抑制されている限り、米国株に対する当社の見通しは良好だと思う。」

株式市場のファンダメンタルズも良好に見えるが、これはこれまでに発表された第3・四半期決算によってさらに強調されたと同氏は付け加えた。

– サマンサ・スビン

17時間前

主要な国債利回りの上昇が株価を圧迫

水曜日の米国債利回りは上昇し、ここ10年で数年ぶりの高水準を更新した。 ボラティリティが株価を圧迫している。

10年米国債利回りは7ベーシスポイント近く上昇して4.911%となり、2007年以来初めて4.9%を超えた。 一方、2年米国債利回りは2ベーシスポイント近く上昇し5.231%となった。 最後に目撃されたのは2006年。

注目すべきは、5年米国債が4.937%に上昇し、2007年以来の高水準となったことだ。

利回りと価格は逆方向に動き、1ベーシスポイントは0.01%に相当します。

– アレックス・ヘリング、ソフィー・キダーリン

18時間前

金は1%上昇し、約1カ月ぶりの高値を記録した

水曜日の金価格は1%以上上昇し、9月20日以来の高値で取引された。

米国の金先物は直近1.1%上昇の1,957.50ドルで取引され、銀は1.4%上昇して9月29日以来の高値付近となった。

中東における最近の出来事により、イスラエルとハマスの紛争激化への懸念が高まる中、金価格は変動した。

– サマンサ・スビン

READ  Nvidiaの株式分割は投資家が無視すべきものではない:朝刊サマリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です