供給不足と経済懸念が競合する中、石油は安定している

[シンガポール 15日 ロイター] – 石油輸出国機構(OPEC)プラスの減産や米国備蓄の買い戻しにより在庫が縮小したため、月曜日の原油価格は横ばいとなった。

ブレント原油は日本時間午前8時までに2セント下落して1バレル=73.91ドルとなったが、米国ウェスト・テキサス・インターミディエイト原油は4セント上昇して1バレル=69.34ドルとなった。

先週、米国が6月初旬の歴史的なデフォルトリスクの中で景気後退に入るのではないかとの懸念から、両指標は4週連続で下落し、2022年9月以来最長の週間連続下落となった。

「中国の経済活動再開にばらつきがあり、債務上限の期限切れが迫っている中、米国が成長鈍化に直面しているとの懸念に加え、原油に対する市場心理も良好なドルの上昇が見られる」と述べた。 IGアナリストのトニー・シカモア氏はこう語った。

しかし、石油輸出国機構であるOPECプラスとロシアを含むその同盟国がさらなる減産を行うため、下半期には世界の原油供給が逼迫する可能性がある。

同グループは4月、一部の加盟国が日量約116万バレルの減産を発表し、ロイターの計算によると、減産量の合計は日量366万バレルとなる。

しかし、イラクのハヤン・アブドルガニ石油大臣は、OPECプラスが次回6月4日の会合でさらなる減産を行うことは期待していないと述べた。

ジェニファー・グランホルム・エネルギー長官は木曜日、議員らに対し、米国は議会が義務付けた販売を6月に終了した後、戦略石油備蓄(SPR)向けの原油購入を再開する可能性があると述べた。

一方、先進7カ国(G7)諸国の首脳らは5月19─21日の会合で、第三国が関与する制裁回避を目的とした新たな措置を発表する可能性があると、協議を直接知る当局者らは述べた。

関係者らによると、制裁強化はロシアの将来のエネルギー生産を損ない、ロシア軍を支援する貿易を制限することになる。

フローレンス・タン氏の声明。 ムラリクマル・アナンタラマン編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  2024 年パリ: 古代オリンピック発祥の地ギリシャで聖火が点火される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です