債務上限交渉は決裂、交渉関係者は当面の一時停止を求めている

(CNN) ホワイトハウスとケビン・マッカーシー下院議長事務所との間の債務上限交渉は行き詰まり、交渉担当者らは協議を中断したと複数の関係筋がCNNに語った。

交渉担当者らは金曜日に国会議事堂で短時間会合を開き、その後別れたが、現時点ではその日に会合は予定されていない。

反発は今週末までに大筋合意が得られることを期待している。

マッカーシー氏は、ホワイトハウスから十分な「機動力」がなかったと述べ、支出水準が問題の一部であることを示唆し、協議が行き詰まっていることを認めた。

マッカーシー氏は国会議事堂に向かう途中、記者団に対し「ホワイトハウスから動議を得る必要がある。まだ動議はない」と語った。

マッカーシー氏は前日、なぜこれほど楽観的な口調だったかと問われ、「我々は道筋が見える場所にいると感じた。ホワイトハウスは――来年はこれ以上金を使えない。我々は出費しなければならない」と語った。前年よりも減少しました。それはとても簡単です。」

マッカーシー氏は大統領とは話しておらず、次のステップに関する質問には答えなかったと述べた。

時間は極めて重要であり、財務省は政府が請求額を支払うことができないとしている6月1日を前に、借り入れ限度額を引き上げるよう圧力が高まっている。 もしアメリカが失敗すれば、世界的な経済大惨事が引き起こされるだろう。

下院共和党の交渉を主導する共和党代表。 ギャレット・グレイブス氏は午前中に交渉担当者との短い会合を終え、状況は「生産的ではない」と述べた。 今週末に再会できるかどうかは分からないと述べた。

「人々が実際にどのように前進し、正しいことを行うことができるかについて合理的な話し合いをしようとするまでは、私たちはここに座って独り言を言うつもりはありません。それが今起こっていることです」とグレイブス氏は語った。

交渉が停滞する中、ホワイトハウス当局者は「現実的な相違」と「交渉は困難になるだろう」と認めたものの、大統領の交渉チームは「合理的な超党派の和解」に達しようとしていると述べた。

このストーリーは追加情報を追加して更新されました。

CNNのアルレット・サエンツ氏が寄稿した。

READ  宇宙飛行士が軌道上で計器バッグを紛失 おっと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です