元スタンフォードHCデビッド・ショーがブロンコスのフロントオフィスに加わる

ブロンコスは元スタンフォード大ヘッドコーチのデビッド・ショーを上級人事責任者として採用したとチームが木曜日に発表した。

ショーは2022年にスタンフォード大学を退任した際、アシスタントコーチとして10年近くを過ごしたNFLに戻りたいという願望を表明した。

51歳のショーとブロンコスのコーチ、ショーン・ペイトンは1997年にイーグルスの攻撃アシスタントとして一緒に働いた。

ショーはレイダーズとレイブンズでもアシスタントを務めた。

昨年、ショーはブロンコスのヘッドコーチ職の面接を受けた者の一人であり、最終的にペイトンの採用につながった。

今年、彼はチャージャーズのヘッドコーチ職の面接を受け、その職はジム・ハーボー氏に決まった。

ショーは96勝54敗の戦績を持ち、スタンフォード大学史上最も勝利したヘッドコーチである。 彼は2007年にハーボーのスタッフの攻撃コーディネーターを務め、ハーボーが49ersのコーチを辞めた後の2011年にヘッドコーチに昇進した。

彼はカンファレンス史上4度のPac 12年間最優秀コーチ賞に輝いており、コーチ在任中にカンファレンスチャンピオンシップを3回、ローズボウルで2回優勝している。

READ  米国の年間インフレ率は5%を下回り、物価圧力は依然として強い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です