全米オープン第3ラウンドライブアップデート、リーダーボード:ブライソン・デカンボーがパインハーストでの移動日で単独リードを獲得

ノースカロライナ州では感動の日となり、全米オープンのルーキーをリードし始める。

土曜日、ノースカロライナ州パインハーストで行われたルートヴィヒ・アバーグ 2アンダー69をマークし、1打差で出場した。 彼は初めての全米オープンに出場しており、メジャー選手権初出場まであと数カ月となっている。 今週勝てれば、100年以上ぶりのトーナメント開幕投手となる。

しかし、エーバーグのリードは長くは続かなかった。 マチュー・パボンは金曜に一時首位を保ったが、後半のボギーが痛んだが、土曜午後のフロント9ですぐにオーベルグを追い抜いた。 パボンはフロント9で3バーディを奪い、前日のローラウンドでのターンにほぼ匹敵したが、オーバーグも同様に好調だった。

しかし、彼らの背後には、バーディを記録して2位となったブライソン・デシャンボーを含め、多くのビッグネームが控えている。 10番で唯一リードしたのは、6アイアンで278ヤードを飛ばすとんでもないアプローチの末だった。 その後、森に入って腰を鍛えた後、11番で2連続バーディーを決め、リードを2打に広げた。

パトリック・キャントレー、ロリー・マキロイ、トニー・フィナウは引き続きチームに残っている。

土曜日の早い段階で、パインハーストが大きな勝者となった。 パーを突破できたゴルファーはほとんどなく、開始時のスコア平均は 73 でした。 コリン・モリカワだけは例外だった。 ボギーなしの66を記録し、イーブンパーに戻した。 午後の様子次第では、彼は日曜日にそこにいるかもしれない。

一方、スコッティ・シェフラーは再び苦戦した。 全米オープンゴルフは「精神的な拷問部屋」のようなものだと彼は語った。

ティータイムをお探しなら、ここで見つけられます。

ハウツーをお探しの場合は、それもカバーしています。

リーダーボードを見たい場合は、 ここをクリック

アクションを進めるためのサポートが必要な場合は、以下に従ってください。

ライブ36 件のアップデート

  • ロリーが距離を縮める

    ローリー・マキロイは14番で大きなタップインバーディを決め、現在1位タイに浮上している。 日曜日にはロリーとブライソンの決勝の組み合わせが見られるかもしれない…

  • ロリーは行かなかった

    ロリー・マキロイがそこに食い込んでいる。 いいえ。 13の大きなパーセーブで今週通算5アンダーを維持し、デシャンにまだ2つ差を付けている。

  • ブライソンがリードを2に広げた

    そうですね、ブライソン・デザンポーはいいですね。

    腰を鍛え、この日最長のドライブを打ったブライソンは2連続バーディを沈めた。 彼のリードは現在2となっている。

  • ブライソン・デシャンボーが働いている

    一方、ブライソン・デシャンボーは11日までにいくつかの仕事を終えていた。

    そして、彼はその日の最長ドライブを記録しました。もちろん、彼はそうしました。

  • ロリーの最新バーディを受けてリーダーボードが(再び)更新されました。

    追いつくのが難しくなってきています。 ローリー・マキロイが5アンダー3位に浮上。 12番でバーディパットを沈めた。 最後の4ホールで2つ目のバーディーとなった。

    ブライソン・デシャンボーがリードするかもしれないが、土曜日にはゴルフがたくさんある。 リーダーボードの上位を見てみましょう。

    リーダーボード

    1. ブライソン・デシャンボー -6 (10)

    T2。 マシュー・パボン -5 (13)

    T2。 トニー・フィナウ (11)

    T2。 ロリー・マキロイ (12)

    T2。 ルートヴィヒ・アベルク (10)

  • デシャンボーが単独首位

    ルートヴィヒ・オーベルグは10番でイーグルパットを外し、バーディで我慢することになる。 これで彼は5アンダーのリードを分け合いました…そのリードは約30秒続きました。

    ブライソン・デシャンボーがグリーンサイドバンカーへのとんでもないアプローチでバーディを奪い、6アンダーで単独首位に立った。

  • 278から6番アイアン

    ブライソン・デシャンボーは630ヤードのパー5ですでに6アイアンを打って257ヤードまで到達していた。 257 からの 6 アイアン。悲しいことに、彼は 256 を打ちました。グリーンサイドのトラップをクリアするにはあと 1 ヤード足りませんでした。

  • ルートヴィヒは10番を打ち砕いた

    ルートヴィヒ・オーベルクは、おそらくその日最高のアプローチを思いつきました。 彼はパー5の2打目を10フィートから9フィートの距離から7番ウッドで決めた。 狂人

    彼らの顔がすべてを物語っています。

    そのパットを沈めれば首位に戻る。

  • ブライソンは助けを求めます

    ブライソン・デカンボーは、主役の役割を担うにあたり、彼の体調不良を指摘した。

    ボーンズ氏は放送で、デシャンボーの右臀部が硬くなっていると語った。 彼は両股関節の靱帯を断裂している。

    デシャンボーは歩き方もスイングも順調なようで、まだリードしているが、ここで何が起こるか見てみよう。

  • パボンとオーベルグのボギーでリーダーボードがリセット

    Mathieu Pavon は 11 位で終了したため、リーダーボードの上位争いは熾烈になります。

    パインハーストNo. 最後のチームが 2 で戻ってくるときの状況を見てみましょう。

    リーダーボードの更新:

    T1。 パボン-5 (11)

    T1。 論争 (10)

    T1。 デシャンボー (9)

    T4。 アバーグ-4 (9)

    T4。 マキロイ (10)

    T6. ハットン-3 (12)

    T6. キャントレー (9)

  • トニー・フィナウは待っている

    どういうわけか、トニー・フィナウが10番グリーンにオン。 グリーン奥のラフへの第2打は大きくバウンドしたが、2回目はチップインでバーディーを狙うところだった。

    彼はまだ5歳未満で、マチュー・パボンにあと一歩及ばない。

  • フィナウのシュート9本はマキロイよりもはるかに優れていた

    トニー・フィナウはパー3の9番ホールで見事なアイアンを打ち、斜面を利用してホールまで7フィート以内に迫った。 それは美しさの問題であり、ロリー・マキロイは単純に似合わない。 ロリーさん、次回は頑張ってね!

    両者ともパットを消耗し、マキロイははるかに難しいパットを決めて4アンダー、フィナウはパボンに1つ差の5アンダーに押し上げた。

  • ブライソン 1以内に

    デシャンボーはパー4の7番でバーディを奪い、パボンに1つ遅れて6アンダーでアバーグに並んだ。

  • ブライソン・デシャンボーがサインにサイン

    競技ツアーに参加して以来、LIV プレーヤーは皆、ペルソナ ノン グラータになっていますが、ブライソン ダンポーは両方のツアーで最も好感が持てる (そして今では人気のある) プレーヤーの 1 人になりました。 しかし、ラウンド中にサインをするのはどうでしょうか? 彼らは穴の間で拳をぶつけ合ったり、脇に止まったり、誰かのペンをつかんで何かに署名したりするのが好きではありませんが、どうやらディザンベは以前にそれをしていたようです。

  • パワンの前で

    マチュー・パボンはダウンタウンの7番でのバーディを含む3つのバーディで、フランス人選手をリードした。

    ここまでのラウンドで3アンダーのパボンは外れ値だ。 今日のパインハーストでは良いスコアだった。 その日の早い段階でコリン・モリカワの66を下回った人はいなかった。

  • アバーグが1点を返す

    ルートヴィヒ・アバーグが最初に滑ったのは長いパー4の4番だった。 まともなランをした後、アプローチでグリーンを外し、グリーンを上げたり下げたりすることができなかった。

    これにより、トニー・フィナウが6位に終わるまで、リーダーボードで3者が同点となった。 つまり、アバーグとパボンの上にあります。

  • パボンは背中に移動しました

    マチュー・パボンがアバーグの勢いを維持し、5番でバーディを落として5アンダーに浮上した。

  • アバーグのための休息と鳥

    ルートヴィヒ・アバーグは、ボールとラインの間に観客席を置き、三塁レフトへドライブを移した。 そこで彼はフリードロップを獲得し、チップを獲得し、すぐにドレインして8フィートのバーディを獲得した。

    これでパートナーのブライソン・デカンボーが3 1/2フィートの短いショットをクリアしてバーディを奪うまで、彼は短い2打差を獲得できるはずだった。 ただし…デシャンボーはそれを逃した。

  • タイレル・ハットン with イーグル

    パー 5 を活用する必要があります – パインハースト No. 2 つのうち 2 つだけです。それがタイレル・ハットンがやったことです。5 番でグリーンにツーパットを入れ、その後 14 フィートのボールを転がしてイーグルを奪いました。 これで彼は4アンダーに浮上し、マキロイ、フィナウ、ダンボー、そしてアバーグのすぐ後ろにパボンが続く。

  • ロリー、フィナウはピンネです

    ロリー・マキロイは3番でバーディを奪った後、1バックに戻る。 トニー・フィナウが2番バーディーを決め、4アンダーと1つ戻った。

    3人目の選手のプレー距離はわずか316ヤードだったが、マキロイの2打目はグリーンサイドバンカーからのショットだった。

READ  バージニア州ニューポートニューズで6歳の少年が教師を射殺した、と警察は言う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です