内務省は、ルワンダ航空機に対して最初の傍受措置が進行中であると発表した

  • ペギー・モートン & ドミニク・カッシアーニ、家庭と法律担当記者
  • BBC

画像のキャプション、 ルワンダのプロジェクトは小型ボートの横断を妨げる障壁として設計されている

政府は、ルワンダへの強制送還の対象とされた移民の拘束が始まったと発表した。

先週、一部の亡命希望者を東アフリカの国に送るプログラムを復活させる法案が可決された。

この政策は小型ボートが運河を横断することを阻止しようとしている。

内務省は拘束された人数については明らかにしなかったが、今後数週間でさらなる作戦が予想されると述べた。

拘束は今週行われた一連の全国規模の作戦に続いて行われたと発表した。

この発表は、イギリスの地方選挙で人々が投票に行く前日に行われた。

政府は以前、航空便の離陸は春を目指していると述べていたが、現在は9~11週間以内に実現する可能性があると述べている。

ただし、法的な問題によりプロジェクトが依然として停滞する可能性があります。

内務省がアフリカ諸国への派遣を検討している者は、返答の機会を得るために少なくとも7日前までにその意図を書面で通知しなければならない。

拘留者がその通知を受け取ったかどうかは不明だが、たとえ受け取ったとしても、個人には法的異議を申し立てる権利があるため、逃亡が差し迫っているという意味ではない。

労働党は次の選挙で勝利すればルワンダ計画を廃止すると述べた。

しかし、労働党の全国キャンペーンコーディネーター代理であるエリー・リーブス氏は、党が政策の一環として拘束者を釈放するかどうか繰り返し尋ねられ、ノーと答えた。

同氏はBBCラジオ4のワールド・アット・ワン番組で、「もし彼らの請求が通らなかったら、我々は人々を出身国に送還したい。そのために送還協定を締結し、ケースワーカーを1000人増員するつもりだ」と語った。

内務省の文書によると、ルワンダに送られる最初のグループとして5,700人の亡命希望者が特定されたが、「定期的に内務省に報告し、拘留できるのは2,143人だけ」である。

ナンバー10は、内務省が他の人たちを発見できなかったというのは「正確ではない」と述べたが、政府関係者は、一部の人たちが拘束される前に逃亡した可能性があることを認めた。

最初の拘束に対してジェームズ内務大臣は賢明に次のように述べた。「我が国の専任執行チームは、飛行機を離陸させることができるよう、ここにいる権利のない人々を迅速に拘束するために迅速に取り組んでいる。」

内務省執行局のエディ・モンゴメリー局長は、チームは拘留が安全に行われるよう訓練されていると語った。

同氏はさらに、「関与した同僚や拘束者を守り、この大規模な作戦をできるだけ早く遂行するためには、作戦の詳細を最小限に抑えることが極めて重要だ」と付け加えた。

内務省は、収容能力を2,200か所以上に拡大し、高度な訓練を受けた護衛500人​​を待機させたと発表した。

同省によると、商用チャーターも登録されており、空港は待機状態となっている。

難民評議会の最高責任者エンヴェル・サロモン氏は、「人々を拘束するという政府の動きは、英国で安全な場所にたどり着くために戦争や迫害に直面してきた男性、女性、子供たちに恐怖、苦痛、そして大きな不安を引き起こしている」と述べた。

同氏は、政府は「時間と資源を無駄にする正面からの計画」ではなく、難民申請を「効率的かつ公平に」処理することに注力すべきだと述べた。

新しい統計によると、火曜日には268人が5隻のボートで英国に到着した。

内務省の暫定統計によると、1月から4月までに合計7,567人が旅行した。

この数字は、昨年の同じ時期に記録された訪問数よりも 27% 増加しています。

一方、亡命に失敗した最初の申請者は、別の自主退去計画に基づいてルワンダに渡った。

3月に発表されたこの制度では、申請が拒否された移民には東アフリカの国への渡航費として最大3000ポンドが支払われることになる。

イベット・クーパー影の内務大臣は、自主撤退のニュースを「選挙前のからくり」と呼び、納税者は「飛行機に乗るボランティアに3000ポンドを支払っている」と述べた。

自由民主党党首エド・デイビー卿は、「彼らは誰かに3000ポンドを支払わなければならなかった。これが選挙に関するものであるという疑いがある。真剣に船を止めるためのものではない。」と述べた。

READ  アルバータ州の山火事: 猛暑と強風の中で地域全体で火災が発生したため、カナダ西部で 13,000 人以上が避難しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です