北朝鮮は偵察衛星の打ち上げを再度試みると約束した

[ソウル、6月1日、ロイター] – 北朝鮮の指導者、金正恩氏の妹、金与正氏は、同国が間もなく軍事偵察衛星を軌道に投入すると述べ、北朝鮮は軍事監視能力を強化すると約束したと国営メディアの朝鮮中央通信(KCNA)が木曜日に報じた。

金氏はKCNAの英語声明で、「(北朝鮮の)軍事偵察衛星が近い将来、宇宙軌道上に適切に配置され、任務を開始することは確実だ」と述べた。 。

同氏のコメントは、水曜日の北朝鮮の人工衛星打ち上げ失敗を受けて出された。

韓国の国会議員は水曜日、ロケット失敗の原因となった問題の解決には数週間以上かかる可能性があると述べた。

北朝鮮の反発を異例に認め、KCNAは「マリギョン1号」と呼ばれる軍事偵察衛星を搭載したチョリマ1号ロケットが墜落後に海に落下したと発表した。

朝鮮中央通信は木曜日、海岸の発射場から打ち上げられる新型ロケットの画像を公開した。 白と灰色のロケットには球根状のノーズがあり、明らかに人工衛星や他の貨物を運ぶためのものだった。

米国に本拠を置くカーネギー国際平和基金のアンキット・パンダ氏は、写真によってロケットが新しい設計であることが確認されたと述べた。

「打ち上げには東倉里に建設された新しい沿岸発射台が使用されたため、最近いくつかの成果が見られた伝統的なガントリーを使用した大型宇宙打ち上げロケットを見ることができました」と彼は付け加えた。

38ノースや戦略国際問題研究所など米国を拠点とする観測機関は、水曜日の打ち上げ後の商用衛星画像でメインパッドでの重大な活動が示されたと述べた。

韓国の統合参謀本部は、北朝鮮の国営メディアの写真からロケットが新しいパッドから発射されたものと推測できると述べた。

韓国軍は、宇宙ミサイルから部品を回収するために船舶と航空機を派遣したと発表した。

水曜日の打ち上げは、韓国、日本、米国を含めて広く批判された。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、北朝鮮によるミサイル発射技術の使用は安全保障理事会決議に違反していると述べた。

金氏は声明の中で、米国や他国がすでに「数千基の人工衛星」を打ち上げていることから、この打ち上げへの批判は「自己矛盾」であると述べた。

同氏は北朝鮮の正式名のイニシャルを使い、「米国はギャングだ。北朝鮮に人工衛星を打ち上げたとしても…違法で脅威だ」と述べた。

KCNAが伝えた別の声明の中で、北朝鮮の金ソンギョン外務次官は、国際的な反拡散海軍演習を含む、この地域における米国主導の軍事演習を批判した。

Hyunsu Yim と Josh Smith によるレポート。 Su-Hyang Choi による追加レポート。 編集:クリス・リース、グラント・マックール、ジェリー・ドイル

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  フランスの年金改革: マクロン大統領が定年を 64 歳に引き上げることに署名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です