南アフリカ:45人が死亡したバス事故で8歳少女が生き残った

  • ベレン・チャタジー著
  • BBCのニュース

画像ソース、 ハイジ・ジオゴス

南アフリカでバスが橋から約50メートル(165フィート)の渓谷に転落し、少なくとも45人が死亡したと当局が発表した。

唯一の生存者は8歳の少女で、重傷を負い病院に搬送された。

リンポポ州北東部でバスが柵に衝突し、地面に衝突して炎上した。

乗客はボツワナの首都ハボローネからモリアの町での復活祭礼拝に向かう巡礼者たちだった。

南アフリカの公共放送SABCによると、車両はコントロールを失い、ヨハネスブルグの北約300キロにあるモコパネとマルケンの間のママトラカラ峠にある橋から転落した。

救助活動は木曜夜まで続き、死者の一部はがれきの中でたどり着くのが困難だったという。

画像ソース、 リンポポ運輸局

現場を訪れたチンディシウェ・チクンガ運輸大臣は「悲劇的なバス事故で被害を受けた家族に深い哀悼の意を表した」と述べた。

同氏は、南アフリカ政府が遺体の送還を支援し、墜落原因について徹底的な調査を行うと述べた。

「この困難な時期に、私たちの思いと祈りは皆さんとともにあります」と彼は付け加えた。 「このイースターの週末にはより多くの人が道路を利用するため、私たちは人々に常に責任を持って運転するよう引き続き呼びかけます。」

南アフリカの交通安全実績は低い。

シリル・ラマポーザ大統領は、その日の初めに発表されたイースターメッセージの中で、「安全なイースターを迎えるためにできる限りのことをする」よう国民に呼び掛けた。

「今は、路上で起きた悲劇や負傷者の統計をただ座して待っているときではない」と同氏は付け加えた。

READ  カタール、人質の処理が遅れたと発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です