同動物園によると、セントラルパーク動物園から逃げ出したワシミミズクのフラコが建物内に飛んできて死亡したという。

ニューヨーク — 痩せた、 昨年セントラルパーク動物園から逃亡して以来、マンハッタン中のバードウォッチャーがワシミミズクを追っている。動物園は金曜日、彼が死亡したと発表した。

動物園によると、西89番街の建物に衝突したとみられる。

野鳥基金にはフクロウが建物に落ちたという情報が入ったという。 警官が到着したとき、フラッコさんは無反応だった。 彼は間もなく死亡が確認され、解剖のためブロンクス動物園に運ばれた。

2023年2月2日、13歳のフクロウがセントラルパーク動物園から逃げた。誰かが動物園のステンレスメッシュを切り裂いた後。 動物園スタッフ 彼らは何週間も彼を捕まえようとしたしかし彼はすべての試みを回避した 彼は自分で食べ物を捕まえることができた

逃亡中の一年の間、彼はセントラルパークでよく目撃されました。 イーストビレッジ そして上西部にある。

セントラルパーク動物園が発表した声明では次のように述べられている。

「フラコの展示物を破壊した破壊者はバードの安全を危険にさらし、最終的に彼の死に責任を負った。私たちは破壊行為を捜査しているニューヨーク市警が最終的に逮捕することを今でも望んでいる。」

動物園によると、今後は検視が行われ、さらなる検査が行われた後にさらなる情報が提供される予定だという。

READ  クリムトの「扇を持つ貴婦人」が1億840万ドルで落札され、アーティストのオークション記録を樹立

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です