国債利回り上昇で株価下落、ドル高:市場は折り返す

(ブルームバーグ): 投資家が金利予想をまだ完全に修正していないことから、アジア株と欧州株先物の株価は下落したが、米国債利回りとドルは上昇した。

ブルームバーグで最も読まれた記事

米国株式先物も、S&P 500指数とナスダック100指数の契約を中心に下落した。 ユーロStoxx 50種の契約の下落は、地域ベンチマークにとって4回連続の損失となった。

アジアでは不動産への懸念が引き続き中国市場の重しになっている。 香港のハンセン指数は11月に最後に見られた水準まで下落し、本土の指標も下落し、地域全体の暗いムードを反映した。

中国の不動産開発業者の取引高は、同セクターに新たな混乱の兆候が見られる中、月曜日に9カ月ぶりの低水準に落ち込んだ後、さらに減少した。 中国恒大集団が債務不履行に陥り、元幹部らが拘束された。 これにより、同セクターの債務の山に対する懸念と、世界第2位の経済の経済原動力としての世界成長が失速する可能性があるとの懸念が高まった。

日本、韓国、オーストラリアの株式ベンチマークはいずれも下落し、韓国株の下落によりコスピ指数は1.3%上昇した。

これらの下落により、世界株の最も幅広い指標の一つであるMSCIオール・カントリー・ワールド指数は、月曜日に過去10年間で7回目の安値で終了して以来、最長の連敗を止める軌道に乗っている。

月曜日に10年金利が11ベーシスポイント上乗せして16年ぶりの高値を付け、4.54%を超えた後も米国債利回りは上昇を続けた。 この勢いはアジアにも波及し、オーストラリアとニュージーランドの利回りも上昇した。

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニージェイミー・ダイモン会長兼最高経営責任者(CEO)は、米国の金利が7%に達する可能性があり、消費者や企業が無保険状態になる最悪のシナリオを示唆した。

グローバル首席投資ストラテジストのウェイ・リー氏を含むブラックロック投資会社のアナリストらは「金利は依然として高止まりしている」とメモに書いた。 米国の量的引き締めと国債発行により、短期的には利回りが上昇するだろう。 「長期債利回りの上昇は、マクロ市場と市場のボラティリティが高まる新たな体制におけるリスクに市場が適応していることを示している。」

利回りの上昇は緑の党に有利だった。 ブルームバーグドル指数は月曜日からの上昇を維持し、12月以来の高値で取引を終えた。 日銀関係者が刺激策が依然として必要であるとのニュースを受けて態度を強めたことを受け、円は1年ぶり安値まで下落した後、堅調となった。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスが、米国政府閉鎖は米国の信用格付けに悪影響を与えると警告したが、月曜日の市場心理はほとんど変わらなかった。 今週後半、10月1日が近づくにつれて閉鎖への懸念が強まる可能性がある。

火曜日の原油価格は下落し、2取引目も下落した。 トレーダーらは、原油価格の上昇がインフレを加速させるリスクがあり、政策当局による当面の利下げが困難になるとの懸念を強めている。 ヘッジファンドは、供給ひっ迫による石油のエクスポージャーが需要を刺激すると賭けている。

ミネアポリス地区連銀のニール・カシュカリ総裁は、好調な経済状況を踏まえ、米金利は今年再び上昇するとの見通しを示した。 こうした感情は先週、ボストン連銀のスーザン・コリンズ総裁が引き締めは「確かに検討の外ではない」と述べた一方、マイケル・ボウマン連銀総裁は複数回の利上げが必要であると示唆したのと同じコメントだった。

一方、シカゴ連銀のオースティン・グールスビー総裁は月曜日、米国が景気後退を回避する可能性はまだあると述べた。 同氏はCNBCのインタビューで、「私はそれを黄金の道と呼んでおり、それは可能だと思うが、多くのリスクがあり、その道は長く曲がりくねっている」と語った。

ドイツ銀行のストラテジスト、ヘンリー・アレン氏は「金融引き締め政策の完全な効果がまだ現れていないと考える理由はたくさんある」と述べた。 「したがって、長期金利は依然として最高値を更新しており、経済の状況が完全に明らかになるまでには数カ月かかるだろう。」

今週のハイライト:

  • 米国新築住宅販売、コンファレンスボード消費者信頼感、火曜日

  • ECBのフィリップ・レーン氏が火曜日に金融政策について講演

  • 中国の工業利益、水曜日

  • 米国耐久消費財、水曜日

  • ユーロ圏経済信頼感、消費者信頼感、木曜日

  • 米国の新規失業保険申請件数、GDP、木曜日

  • リッチモンド連銀のトム・パーキン総裁とシカゴ連銀のオースティン・グールスビー総裁は木曜日、ジェローム・パウエル連邦準備理事会議長が市庁舎で教育関係者らと会談する中、演説を行った。

  • ユーロ圏CBI、金曜日

  • 日本の失業率、鉱工業生産、小売売上高、東京CPI、金曜日

  • 米国の消費者支出、卸売在庫、ミシガン大学の消費者心理、金曜日

  • ECBのクリスティーヌ・ラガルド総裁が金曜日に講演

  • ニューヨーク連銀のジョン・ウィリアムズ総裁が金曜日に講演

市場の主な動きは次のとおりです。

株式

  • ロンドン時間午前7時12分の時点で、S&P500先物は0.4%下落した。 S&P500は0.4%上昇

  • ナスダック100先物は0.6%下落した。 ナスダック100は0.5%上昇

  • 日本のTOPIXは0.6%下落

  • オーストラリアのS&P/ASX 200は0.5%下落

  • 香港のハンセンは0.9%下落した。

  • 上海総合は0.3%下落した。

  • ユーロ株50先物は0.3%下落

コイン

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇

  • ユーロは1.0585ドルとほぼ変わらず。

  • 日本円は1ドル148.94円とほとんど変わらず。

  • オフショア人民元は1ドル=7.3095元とほとんど変わらず。

  • 豪ドルは0.2%安の0.6412ドル。

  • 英ポンドは0.2%安の1.2187ドル。

暗号通貨

  • ビットコインは0.1%上昇して26,327.35ドル

  • イーサは0.4%上昇して1,593.43ドル

債券

  • 10年米国債利回りは2ベーシスポイント上昇し4.55%となった。

  • 日本の10年債利回りは1ベーシスポイント上昇して0.740%となった。

  • オーストラリア10年債利回りは8ベーシスポイント上昇し4.40%となった。

材料

  • ウェスト・テキサス・インターミディエイト原油は0.6%下落し、1バレル=89.15ドルとなった。

  • 金スポットは0.1%下落し、1オンスあたり1,913.29ドルとなった。

この記事は、Bloomberg Automation の協力を得て作成されました。

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2023 ブルームバーグ LP

READ  マッカーシーはトランプに対するニューヨークの訴訟を軽視し、それを「個人のお金」として却下する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です