国連安全保障理事会はガザ停戦を求める決議を可決した

動画のタイトル、

注目:国連がガザ停戦決議案可決の瞬間

国連安全保障理事会はガザ地区での即時停戦を求めており、米国はこれまでの立場を逆転してこの動きに拒否権を発動しなかった。

また人質全員の即時無条件解放も要求した。

度重なる試みの失敗を経て10月に戦争が始まって以来、評議会が停戦を呼びかけたのは初めてだった。

米国の今回の措置は、イスラエルのガザ攻撃を巡って米国と同盟国イスラエルとの間の亀裂が増大していることを示している。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相事務所の声明は、異例に強い非難の中で、米国は以前の立場を「放棄した」と述べた。

「残念ながら、米国は新たな決議案に拒否権を発動しなかった」と述べた。

報告書は、このことがハマスに、捕虜を解放せずに停戦を達成するためにイスラエルに国際的な圧力を行使できるという期待を与え、人質解放の努力を台無しにするものだと述べた。

また、ネタニヤフ首相が今週ワシントンで予定されていたイスラエル代表と米国当局者との会談を中止することを決定したとも伝えた。

イスラエル国防大臣は、ガザでは人質が拘束されているため、そこで戦争を終わらせることはないと述べた。

パレスチナ国連代表リヤド・マンスール氏は決議案を歓迎したが、期限を過ぎたと述べた。

マンスール氏は、「評議会が最終的に即時停戦を要求するまでに6か月かかり、10万人のパレスチナ人が殺害され負傷し、200万人が避難民となり飢餓となった」と述べた。

ガザを統治するパレスチナのイスラム過激派組織ハマスは、10月7日にイスラエルに対する前例のない攻撃で戦争を引き起こした。 同政府は「双方の捕虜の釈放につながる即時捕虜交換プロセスに取り組む」用意があると述べた。

同団体は、イスラエルがイスラエルの刑務所にいるパレスチナ人を解放することを条件に人質解放を条件付けている。

月曜日の安全保障理事会の投票では、米国は棄権したが、残りの14カ国は賛成票を投じた。

イスラエルとハマスの間では停戦と人質解放に向けた微妙な交渉が進行中であるが、米国はこれまで停戦を求める決議案をそのような動きは誤りであるとして阻止してきた。

しかし木曜日には初めて停戦を求める独自の草案を提示し、イスラエルに対する姿勢の硬化を示唆した。

米国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は、決議可決を容認するという米国の決定は「政策の変更」を意味するものではないと述べた。 米国は停戦を支持したが、文書がハマスを非難していないため、決議には賛成票を投じなかった。

決議案可決後の記者会見でカービー氏は、「われわれは明確だ。人質協定の一環として停戦を支持することに強くコミットしている。それが人質協定の仕組みだ。決議案は現在進行中の停戦を認めている」と述べた。交渉です。」

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、停戦と「人質全員の即時無条件解放」のために決議案は「履行されなければならない」と述べた。

画像のキャプション、

米国はイスラエルに対し、ガザ地区では全国民が食糧不安に苦しんでいると主張し、ガザへの援助を行うよう圧力をかけている。

2009年から2015年まで英国の国連大使を務めたマーク・ライアル・グラント氏は、BBCラジオの午後4時番組で、今回の決議により「イスラエルは基本的に今後15日間軍事行動を停止することが義務付けられる」と語った。ラマダンの聖なる月であり、本文では停戦と規定されている。

パレスチナ自治政府は国家ではないため、文書はイスラエルに対しては法的拘束力があるが、ハマスに対しては法的拘束力はない、と同氏は述べた。

米国は以前、国連でイスラエルを守るために拒否権を行使したと非難されている。

しかし、ハマスが管轄するガザ地区保健省によると、ガザ地区ではイスラエル軍の砲撃により主に女性と子供を中心に3万2000人以上が死亡し、死者数が増加していることに対してイスラエルはますます批判を強めている。

米国はイスラエルに対し、ガザ地区では全国民が深刻な食糧不安に苦しんでいるとし、さらなる支援を行うよう圧力をかけている。

国連イスラエルは援助を阻止したとして非難される。 イスラエルは国連が物資を届けられなかったとして非難している。

イスラエルの計算によれば、今回の戦争はハマスの武装集団が領土に侵入してイスラエルのコミュニティを攻撃した後に勃発し、約1,200人が死亡、253人が人質としてガザに連れて行かれた。

連行された人々のうち、130人は一連の釈放、救出、遺体の回収を経ても行方不明のままである。

イスラエルは安保理決議を受けて今週末に予定されていた代表団のワシントン訪問を中止することを決定したが、予定されていたイスラエル国防大臣ヨブ・ガーランド氏と米国家安全保障問題担当補佐官ジャック・サリバン氏との会談は予定通り行われるとカービー氏は述べた。

同首相は月曜日の記者会見で、「米国が引き続きハマスに対してイスラエルとともにあることを国防大臣に明確に伝えることを楽しみにしている」と述べた。

READ  4 月 24 日 オーロラの写真と天気

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です