報道:マイク・ブーデンホルツァーがフェニックス・サンズの次期コーチに就任することに同意

フランク・フォーゲル監督を解任した翌日、フェニックス・サンズはNBAコーチを2度務めたマイク・ブーデンホルツァー氏を雇用すると報じられている。

フェニックス(AP通信) – マイク・ブーデンホルツァーがフェニックス・サンズのコーチに就任することに同意複数の報道によると、2021年のNBAファイナルで勝った者にフランチャイズが移行するという。

54歳 フランク・フォーゲルに代わってブーデンホルツァーが就任、木曜日に1シーズン後に解雇されました。 ESPNとジ・アスレティックの両紙は、ブーデンホルツァーとの契約は5年だと報じた。

ブデンホルツァー – アリゾナ州ホルブルック出身 – 2021年にミルウォーキー・バックスを指揮し、2-0の劣勢から逆転してファイナルでサンズを破った。

フェニックスはこれまで一度も優勝したことがなく、56シーズンで決勝に進出したのは3回である。

ベテランのコーチは、ケビン・デュラント、デビン・ブッカー、ブラッドリー・ビールからなるチームのオールスタートリオを最大限に引き出す責任を負うことになる。 フォーゲル監督の下でチームは一貫した成績を残しておらず、昨シーズンはプレーオフ第1ラウンドでミネソタに敗れるまで49勝33敗でシーズンを終えた。

ブーデンホルツァーは5シーズンを経て2023年にバックスから解雇された そして昨シーズンはNBAのコーチではなかった。 彼は2013年から2018年までアトランタ・ホークスのコーチを務め、10シーズンで484勝317敗という成績を残した。

READ  6年間人質だった記者テリー・アンダーソン氏が76歳で死去

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です