投資家が地域の経済指標を検討する中、アジア市場はまちまち

28分前

TSMC、エレクトロニクス需要の低迷を受けて4年ぶりの四半期利益減少を報告

台湾の半導体メーカーは木曜日、第2四半期の利益と売上高の減少を報告した。

第2・四半期の売上高は10%減の4808億4000万台湾ドル(156億8000万ドル)、純利益は前年同期比23.3%減の1818億台湾ドルとなった。 DSMCの四半期純利益の減少は4年ぶりとなる。

DSMCは言った 同事業は「最終市場の需要が減少し、顧客による既存在庫の調整につながった」というマクロ経済的な逆風に見舞われた。

減収にもかかわらず、売上高4,788億3,000万台湾ドル、純利益1,725億5,000万台湾ドルという市場予想を上回る結果となった。

レポート全文はこちらからお読みください。

– シーラ・チャン

1時間前

中国国有銀行、人民元を空売り=ロイター

木曜序盤の取引では、中国の大手国有銀行がオフショアスポット市場でドルを売って人民元を購入した。 ロイター通信が報じた。

関係筋の1人はロイターに対し、「この問題に直接知る」2人の関係者の話として、こうした動きは人民元の下落を鈍化させることを目的としていると語った。

オフショア人民元は午後に0.66%上昇し、対ドルで7.1839元で取引された。

2時間前

インドのスマートフォン輸出、3四半期減少後安定へ:Canalys

Canalysのレポートによると、インドのスマートフォン市場は第2四半期に出荷された3,610万台で安定した。

この数字は前年同期比 1% の減少に相当し、第 1 四半期の 20% の減少よりもはるかに優れています。 輸出は2022年の第4四半期と第3四半期にそれぞれ27%、6%減少した。

Canalysによると、サムスンは第2四半期も引き続き優勢で、660万台の出荷で約18%の市場シェアを獲得した。 Vivo は引き続き 640 万台の携帯電話を出荷し、Xiaomi は 540 万台を出荷して 3 位になりました。

全文はこちらからお読みください。

– シャーメイン・ジェイコブ

4時間前

オーストラリアの6月の失業率は3.5%で変わらず

オーストラリアの季節調整済み失業率は変化なし 3.5%で 6月時点ではロイターがまとめたエコノミスト予想の3.6%を若干下回った。

オーストラリア統計局のデータによると、6月の雇用対人口比率は64.5%で、総失業者数は1,600人減って50万5,500人となった。

雇用率は、オーストラリア準備銀行が金利決定について話し合うために会合する際の重要な指標の 1 つです。

– イム・ヒジー

5時間前

中国は経済刺激のため新たな成長分野への参入に熱心=HSBC

HSBCのアジア太平洋株式戦略責任者、ハラルド・ファン・デル・リンデ氏は、中国は経済を刺激するためにITなどの新たな高成長分野へのシフトを望んでいると述べた。

同氏はCNBCの番組「スコーク・ボックス・アジア」で、「彼らは不動産やインフラへの投資という昔の成長モデルには戻りたくない。もうそんなことにはもううんざりだ」と語った。

その代わりに、「彼らはハイテク、再生可能エネルギー、電動車両に焦点を当てた新たな成長モデルに移行したいと考えている」と同氏は付け加えた。 しかし、これらの詳細に関して中国政府の政策立案者からの明確な指針はまだない、と同氏は述べた。

「今年の2月に新しい経済チームが発足した。彼らは舞台裏で会合を持ち、計画を練り上げ、来月かそこらで正確な内容についてさらに詳細を明らかにする予定だ」彼らは何をするつもりなのか」とリンデ氏は述べた。

「これこそが市場が待ち望んでいることだと思います。市場が実際にどこに向かおうとしているのかを私たちに感じさせてくれます。」

– スマティ・バラ

5時間前

中国は1年物と5年物の貸出プライムレートを3.55%と4.2%に据え置いた。

中国は中期ファシリティ貸出金利を2.65%に変更した数日後、1年物と5年物の貸出プライムレートをそれぞれ3.55%と4.2%に変更した。

同国の第2・四半期国内総生産(GDP)伸び率が月曜日に予想を下回り、ロイターがまとめたエコノミスト予想の7.3%に対し前年比6.3%上昇となったにもかかわらずだった。

中国が最後に貸出プライムレートを引き下げたのは6月で、その際は1年物と5年の貸出プライムレートを10ベーシスポイント引き下げた。

– イム・ヒジー

5時間前

CNBC Pro: ゴールドマン・サックスが中国 AI の上位銘柄を公開 – 他 2 銘柄を懲罰リストに追加

ゴールドマン・サックスは、人工知能の成長から恩恵を受ける可能性が高い中国株の名前を挙げており、他の2銘柄も同銀行の買い評価銘柄の懲罰リストに載っている。

ゴールドマンは7月16日付の2つのリサーチノートで、生成AIが生み出す機会とリスクの概要を示し、恩恵を受ける可能性のある銘柄をピックアップした。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– ルーシー・ハンドリー

7時間前

日本はほぼ2年ぶりの貿易黒字を計上

日本は6月に430億5000万円(3億850万ドル)という予想外の貿易黒字を記録し、世界第3位の経済大国が23カ月ぶりに黒字を記録した。

5月の1兆3800億円の赤字、22年6月の1兆3700億円の赤字から大きく変わった。

政府のデータによると、黒字は輸入の減少によるものとされている。 6月の輸入は前年同月比12.9%減少したが、輸出は前年同月比1.5%増加した。

– イム・ヒジー

5時間前

CNBC Pro: 「それらは本物であり、成長している」: テクノロジー投資家が 2 つのモノのインターネット株を所有

人工知能などの主要なテクノロジートレンドが見出しを独占します。 しかし、ハイテク投資家のリチャード・クロート氏によると、モノのインターネット(IoT)などのいくつかの重要な取り組みは、あまり誇大宣伝されていないにもかかわらず、大きな可能性を秘めているという。

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズのファンドマネージャーであるクラウド氏は、長期的な勝ち組とみているIoT銘柄を2つ挙げた。 同氏は、両銘柄に投資される32億ドルのホライゾン・グローバル・テクノロジー・リーダーズ・ファンドを管理している。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– ガネーシュ・ラオ

5時間前

CNBC Pro: ASML株は今年30%以上上昇しています。 ウォール街では株価が上昇

ASMLの株価は今年、半導体企業と人工知能に関する話題で急騰しており、同社のオランダ上場株は年初から32%上昇し、米国上場株は40%近く上昇している。

しかし、米中緊張など、いくつかのリスクに直面している。

在庫はここからどこへ行くのでしょうか? CNBCプロ・ウォールストリート・リサーチによって発見された。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– ヴァイセン・ドン

14時間前

第 2 四半期の収益スコアカード

第2四半期の決算シーズンは始まったばかりで、これまでにS&P500企業の10%が決算を発表している。 リフィニティブのデータによると、50社のうち64%が利益予想を上回り、80%の銘柄が予想を上回った。

複利成長率に基づくと、売上高は前年比 8.2% 減、利益は同 0.8% 減となる見込みです。 この比率は、すでにデータを報告している企業と報告を待っている企業のデータを集計したものです。

– サマンサ・スビン

19時間前

ゴールドマン・サックスは決算を逃す

ウォール街の巨大企業ゴールドマン・サックスは、予想の均衡を図る同社のこれまでの試みにもかかわらず、水曜日、第2四半期の予想を引き下げた。

ゴールドマンは調整後1株利益が3.08ドル、109億ドルと報告したが、リフィニティブがまとめたアナリスト予想はそれぞれ3.18億ドル、108億4000万ドルだった。 ゴールドマン株は市場前の取引で0.4%下落した。

– ブライアン・エヴァンス

17時間前

地方銀行株、収益第一波を受けて上昇

地方銀行の収益第一波を受けて投資家らは安堵のため息をついた。

投資家やアナリストがウェスタン・アライアンスやUSバンコープなどのレポートに注目したため、SPDR S&P地方銀行ETF(KRE)は序盤の取引で約1%上昇した。

リフィニティブによると、フェニックスに本拠を置くウェスタン・アライアンスの株価は、1株あたり利益が1.96ドルだったにもかかわらず、2%以上上昇した。

– ジェシー・パウンド

12時間前

水曜日には農産物が上がるだろう

水曜日にはトウモロコシ、小麦、大豆が急騰した。 黒海穀物イニシアチブからの離脱後、米国中西部の乾燥した天気予報と、黒海のオデッサ港に対するロシアの空爆に対する懸念により、小麦価格が上昇した。

小麦先物相場は水曜日に5.4%上昇、年初来では6%近く上昇し、6月23日以来最高の週を記録した。

大豆先物は水曜午前の時点で1.7%上昇し、ショートトン当たり437.4ドルの高値を付けた。

水曜日のトウモロコシ先物価格は3.1%上昇し、1ブッシェル当たり551.5セントとなった。 トウモロコシは年初から7.2%上昇し、5月26日以来最高の週を記録している。

– ハギョン・キム、ニック・ウェルズ

READ  トランプ・メディアは前四半期の最低収益で3億ドル以上を失った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です