教皇は退院時に「まだ生きている」と冗談を言った

ローマ (CNN) 「まだ生きている」と教皇フランシスコは、ローマの病院を去る際に冗談を言った。 ここ数日が過ぎて 呼吸器感染症を治療します。

土曜日の朝にローマのジェメリ病院から退院した後、彼はマスコミと話すのをやめました.

CNNのデリア・ギャラガーからの質問に彼がどのように感じているかについて答えたとき、法王は上機嫌でした。」[I’m] まだ生きてるんだよ!」

水曜日に呼吸器系の問題のために怖がっていたのかと尋ねられたとき、教皇は「老人」が同様の状況を経験した後に彼に言ったことを思い出した.

「そのような状況の後、私より年上の老人が私にこう言いました:父よ、私は死を見ませんでしたが、それが来るのを見ました、ああ、それは醜いです!」

86歳の教皇フランシスコは、水曜日にジェメリ病院に運ばれ、感染性気管支炎を治療するために抗生物質を投与されました.

ローマ法王は若い頃に重度の肺炎にかかり、肺の一部を切除した。 最近の病歴。

彼はしばしば杖を持って見られ、右膝の痛みのために車椅子を使用することもあります. 昨年、彼はコンゴ民主共和国と南スーダンへの旅行をキャンセルした.医師から、あと20日間の治療と膝の休息に同意しない限り、カナダへの旅行を欠場すると言われた. 彼は2月についにDRCと南スーダンに行きました。

フランシスは、結腸の炎症や感染を引き起こす一般的な状態である憩室炎に苦しんでいます。 2021年、結腸の一部を切除する手術を受けた。

バチカンによると、教皇はサンピエトロ広場で行われる棕櫚の主日ミサに出席する予定だという。

READ  モバイルでのトレーニング初日から目立つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です