新型コロナウイルス感染症による制限が終わり、新たな規則が施行される中、難民申請者が米国とメキシコの国境に群がる

シウダ・フアレス、メキシコ(AP通信)-バイデン政権は木曜日に移民の亡命拒否を開始する。 最初にオンラインで申請したり、通過した国で保護を求めたりせずに、米国とメキシコの国境に到着した人々。 これは、米国が大規模なパンデミック対策の終了に向けて準備を進めている中で、移民政策の根本的な転換を示すものである。

今週後半にタイトル42制限が発動されることを期待して、難民申請者が大量に国境に到着している。 この規定により、政府は移民をメキシコに迅速に強制送還できるようになった。 新型コロナウイルス感染症のパンデミックに関連したプログラムが今週期限切れとなる中、米当局者らは厳しい日々が続くと警告した。

水曜日に発表されたこの規則は、新たな合法ルートを創設しながら違法な国境越えを取り締まる新たな措置の一環である。 国境を越える家族は外出禁止と監視に直面する。 30日以内に事件の審理が行われるため、家族の長は足首にブレスレットを着用している。

しかし、西半球に100の地域移民センターを開設し、4カ国からの入国者に月3万人に人道的仮釈放を与える計画がある。 米国当局は、米国とメキシコの国境で移民が大幅に増加すると多くの人が予想していることを予想し、強制送還便の増便など幅広い措置を講じている。

アレハンドロ・マヨルガス国土安全保障長官は、「われわれの計画は結果をもたらすだろうが、その成果が完全に実現するには時間がかかるだろう」と警告した。

多くの移民は、間もなく米国に滞在することが難しくなるのではないかとの懸念から、新規則が木曜日遅くに発効する前に、タイトル42の期限が切れる前に渡ろうとしている。

タイトル 42 に基づき、国境職員はすぐに人々を追い返してきました。2020 年 3 月以来、280 万回も同様の行為が行われました。 しかし、木曜日にこの制限が期限切れになると、不法入国した移民は5年間帰国が認められなくなる。 そうした場合、刑事告訴される可能性があります。

水曜日、マタモロスのリオグランデ川には、移民たちが着実に到着した。 多くの人が衣類を詰めたビニール袋を抱えて下り、急な川岸を下りた。 さらに多くの移民が到着すると、彼らはゆっくりと川に足を踏み入れ、中には流れる国境を越える列に従う前に自分自身を渡る人もいた。 ある家族は開いたスーツケースの中に幼い子供をあやしていた。 男性は予防策としてそれを頭にかぶせていました。 他の子供たちは肩に乗りました。 アメリカ側では、彼らは海岸に向かい、ドライスーツに着替えてから、蛇腹状のワイヤーの列を慎重に進みました。

シウダー・フアレスでは今週、移民たちが小グループで電車やバスで到着し、米当局に降伏するために毎日出国した。

ベネズエラ出身の30歳の電気技師フラン・ドーバーさんは、2人の子供を残して米国に入国しようとしたが、最初の試みで強制送還された。 彼は、有効期限が切れる前にタイトル 42 の申請に合格することを目標に、24 時間後に再度挑戦しました。

ドーバー氏は水曜日、「恐怖と苦痛がある」と述べ、フアレスで3か月間過ごし、米国からアプリを通じて予約を取るよう勧められたと付け加えた。

火曜日には約1万人が国境警備隊に逮捕され、1日で最大の恐怖の一つとなったと、公に話す権限を与えられていない米当局者が匿名を条件にAP通信に語った。 2万7000人以上が拘束されている。 移民が解放されるか国外追放されるかによって拘留者数は変動するが、3月には8,600人が国境警備隊に拘留されていた。

メキシコ全土に26の移民保護施設を持つカトリック救援局の移民プログラム責任者ミゲル・メザ氏は水曜日、国境の町には米国からの移民が約5万5000人いると推定した。 避難所は「満員」で、移民は周囲の地域に広がっていると同氏は語った。

水曜日に発表されたこの動きは、タイトル42が発効していたときであっても国境越えに対処する米国戦略の重要な部分である。 全面禁止には至らないものの、亡命にはより厳しい制限を課す まず合法的な通行を求めない不法横断者向け。 特別な客室が含まれており、お子様の一人旅には適していません。 2月に初めて発表されました。

連邦控訴裁判所は同様だがより厳格な措置を差し止めた 2019年、当時のドナルド・トランプ大統領が誕生した。

人権団体は近く訴訟を起こす予定だと述べた。

アメリカ自由人権協会の弁護士カトリーナ・エイランド氏は、「この条項は人々を深刻な危害にさらすことになる。

同氏は、これにより移民がメキシコ北部で足止めされることになると述べた。 同氏は、この規則は移民が他国で保護を求めたり、オンラインで米国で亡命申請の予約をしたりできるという考えに基づいていると述べた。 同氏は、どちらの選択肢にも深刻な問題があると述べた。

米国当局者は、半球各地に地域センターを開設する計画だと述べた, 移民は、米国、カナダ、スペインへの移住を申請できます。 グアテマラとコロンビアの2つのセンターが以前発表されていた。 他の場所がどこになるかは不明です。 政権当局者らは匿名を条件に、まだ公表されていない現在の国境計画について語った。

米国とメキシコの国境を越える人々のほとんどは、母国の迫害や貧困から逃れている。 移民や彼らと協力する団体は、人身売買業者からの噂や誤った情報が渦巻いており、移民たちが自分たちが何をしているのかを理解することが困難になっていると指摘した。

マタモロスでは、カルメン・ホセフィーナ・チャラコ・ロペスさんは、1か月前に到着し、米国政府のアプリを使って亡命申請の予約を入れようとしていると語った。

「今ここに来ている人々は、ここに長い間ここにいた他の人々から話を聞き始めており、怖れ始めています。 「ああ、もう4ヶ月も経ったんですね。 さて、到着したところなので、渡ります。」 そこにジレンマがあります」と彼女は語った。

___

ロングはワシントンから、リーはニューメキシコ州サンタフェから報告した。 ワシントン在住のAP通信記者レベッカ・サンタナ。 メキシコ、レイノサのヘラルド・カリージョ。 とサンディエゴのエリオット・スパコットがこの報告書に貢献しました。

READ  仮想通貨の普及と日本での人気の背景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です