日本でランドカジノ体験!ライブカジノに挑戦

2023年9月に入り、大阪市の人工島・夢洲での建設が見込まれているカジノを含む統合型リゾート(IR)を巡って、詳細な計画を定めた実施協定案がまとまったことが発表されました。開業予定は2030年秋ごろと、当初の予定よりも遅れることになったものの、2025年には同じ夢洲で国際博覧会(大阪・関西万博)も開催される予定とあって、大きな盛り上がりが期待されてます。また、政府もこうした大阪府と大阪市の整備計画を認定する最終調整に入ったとも言われています。

このように、日本でも近い将来にランドカジノを体験できる日がいよいよ現実のものとなってきましたが、今でもミスティーノアプリなどを介してライブでカジノゲームを楽しめるのをご存知でしょうか?ネット環境さえ整っていれば、ちょっとした隙間時間にアクセスして気軽に遊べるので、世界中で利用者を増やしているオンラインカジノ。ここではそうしたライブカジノに関する情報とともに、ランドカジノについてもご紹介していきます。

ライブカジノとは?

映画の中でもたびたび登場するカジノのシーン。きらびやかに装飾された室内で、美しく正装したディーラーを前にゲームがプレイされるランドカジノの歴史は古く、記録に残っているものでは17世紀のヨーロッパまで遡ると言われています。こうしたランドカジノで遊ぶとなると、現在の日本では飛行機に乗ってマカオやシンガポールまで出かけていかなくてはなりません。ですが、ランドカジノで実際にプレイしているかのような雰囲気や、臨場感を楽しめてしまえるライブ配信型のカジノゲームがライブカジノなのです。

ライブカジノでは常にリアルタイムでカジノ側がライブ配信しており、ディーラーも実際に目の前でプレイしています。コンピュータを相手にプレイするテーブルゲームとは異なり、ディーラーが進行するため緊張感はもちろんのこと、いかさま詐欺などの心配も必要ありません。そしてオンラインカジノが使える時間帯であれば、いつでも好きな時間にプレイできる、つまり24時間365日プレイすることもできるようになっています。また、リアルタイムだけにディーラーやほかのプレイヤーとチャットで会話できるのも、ほかのオンラインカジノゲームと異なる点です。

テクノロジー技術の進歩

こうした臨場感を可能にしているのが、テクノロジー技術の発達です。ビデオストリーミングによって、プレイヤーはライブディーラーの一挙手一投足を見ることはできますが、では、どのようにしてそのディーラーと対話できるのでしょうか?それは、光学式文字認識(ОСR)、つまり、紙文書をコンピュータにスキャンするのと同じメカニズムを使ったソフトウェアを通じて、コンピュータはカードやルーレット盤上の文字をコード化して電子機器で送信できるデータに変換しているのです。こうしたハイテク技術が臨場感あふれるゲームを支えているんですね。映画のワンシーンのようなオシャレで豪華なカジノ体験が、こうして自宅のソファからでもできるようになったのです。

人気のゲーム

こうしたライブカジノでプレイできるゲームで人気があるのは、やはりルーレットやバカラ、ブラックジャックなどの王道カジノゲーム。本場カジノだと、基本的にスタッフは全て英語対応となっていることが多いのですが、オンラインであれば日本人プレイヤーのために日本語対応のライブカジノが用意されているのも大きな魅力のひとつです。また、ゲームの内容が全くわからないというカジノゲーム初心者にもわかりやすいように、ルールの説明や遊び方が丁寧に説明されているのもありがたいですよね。

READ  アイオワ州高校銃乱射事件で少なくとも1人死亡。 現場は今や「安全保障」:当局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です