日本の新しい中央銀行総裁はマイナス金利に固執し、政策見直しを発表した

  • 日銀は、4 月 27 日から 28 日までの 2 日間にわたって金融政策決定会合を開催しました。
  • ロイターが調査したエコノミストは、中央銀行がマイナス金利を-0.1%に維持し、利回り曲線制御プログラムに変更を加えないことを広く予想していました。

2023 年 3 月 20 日、東京の桜の向こうに見える日本銀行 (BOJ) の本社。

野木一宏 | Afp | ゲッティイメージズ

日本銀行 金利は変わらなかった 新任の宇出一夫知事の第1回政策会議にて。

この決定は、中央銀行が2016年にゼロ未満の金利を設定して以来、ベンチマーク金利が-0.1%のままであるというエコノミストの予想に沿ったものでした。

中央銀行は、10 年物日本国債の許容範囲を、目標の 0% を上下 50 ベーシス ポイントで変更せずに維持しました。

12 月、中央銀行は 10 年物日本国債の許容限度を 25 ベーシス ポイントから 0% の上下 50 ベーシス ポイントに拡大し、世界の債券市場に衝撃を与えました。

発表後、日本円は米ドルに対して 0.8% 下落して 134.75 になりました。

現在の政策を維持する一方、日銀は緩和策について「幅広い見直しを行うことを決定した」と述べた。

中央銀行は、レビューの予定期間は1年から1年半になると述べた.

日銀は、「物価安定の達成は25年間の課題でした」と述べ、その金融政策は「日本の経済活動、物価、金融部門の幅広い分野と相互作用し、影響を与えてきた」と付け加えた。

CNBC Pro からの銘柄選択と投資動向:

別の視点から中央銀行は、生鮮食品とエネルギーを除くすべての項目のインフレ率を 2023 年度に約 2.5%、2024 年と 2025 年度に 1.5% ~ 2% と予測しています。

上田総裁は以前、利回り曲線の制御政策を変更する前に、インフレ率が「非常に強く、中央銀行の目標である 2% に近い」必要があると強調していました。

日銀の決定に先立って金曜日に発表された政府のデータによると、日本の首都のインフレ率は 4 月にわずかに上昇した。

日本の首都の消費者物価指数は 4 月に 3.5% 上昇し、ロイターの世論調査で予測された 3.2% の上昇を上回りました。 この数字は、3 月の 3.2% をわずかに上回りました。

生鮮食品とエネルギーを除くと、東京の消費者物価指数は 4 月に 2.3% 上昇し、中央銀行のインフレ目標である 2% をわずかに上回りました。

東京のインフレ率は、全国的な傾向の先行指標です。 3 月の日本のコア CPI は 3.1% でした。

地元紙 サンゲは言った 今週初め、日銀は上田氏の下で政策を見直し、「日本経済の低迷の背後にある理由を理解し、より効果的な対策を設計する」と予想されている.

一方、政府のデータによると、日本の失業率は2月の2.6%から3月には2.8%に上昇した。

これはロイターの予想を 2.5% 上回っており、2022 年 1 月以来の最高値を記録しました。

国の有効求人倍率は 1.32 で、ロイターの推定値である 1.34 を下回っています。

「日本の実体経済にはいくらかの不確実性がありますが、同時に、インフレ圧力はより差し迫ったものになっています。 発表に先立つ金曜日のアジア」。

「難しい状況ではあるが、日銀は中央銀行の第一の目的として物価安定に焦点を当てるべきだ」と山岡氏は述べ、中央銀行は実体経済よりもインフレ圧力にもっと焦点を当てるべきだと付け加えた。

「彼らは現在の国債市場への異常な介入を続けることはできない」と山岡氏は述べた。

READ  トリ・スペリング、新しいポッドキャストで離婚申請について語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です