有罪判決を受けた海兵隊員7人が外交的大勝利でカタールからインドに帰国

海軍関係者らは解放してくれたモディ首相と政府に感謝した。

ニューデリー:

政府は本日早朝、スパイ容疑でカタールで投獄されていたインド海軍関係者8人が釈放されたと発表した。 このうち7人は中東の国で18カ月の投獄を経て、すでにインドに帰国している。

「インド政府は、カタールで拘束されていたターラ・グローバル社に勤務するインド人8人の釈放を歓迎する。8人中7人がインドに帰国した。私たちはカタール政府の首長の決定に感謝する。これらの人の釈放と本国送還は」国民」と外務省は述べた。

関係者がNDTVに語ったところによると、兵士らには釈放について事前の通知はなく、釈放後すぐに領事館職員が迎えに来たという。 彼らは昨日インディゴ便に乗り、午前2時過ぎに戻ってきました。

ナブテイ・シン・ギル船長、サウラブ・ヴァシシュト船長、プルネドゥ・ティワリ船長、ビレンドラ・クマール・ヴェルマ船長、スクナカル・パカラ船長、サンジーブ・グプタ船長、アミット・ナグパル船長、ラケシュ船員は2022年8月に逮捕され、刑務所に収監されている。

読む | カタール解放海兵隊員がインド上陸後に語った言葉

彼らは民間企業ターラ・グローバルに雇用され、カタール・エミリ海軍におけるそれぞれの役割でイタリアのU212ステルス潜水艦のカタールへの導入を支援した。

カタールの裁判所は2023年10月26日に彼らに死刑を宣告した。 インドは判決に「深いショック」を受けており、あらゆる法的選択肢を検討していると述べた。

死刑は、ナレンドラ・モディ首相がドバイで開催されたCOP28サミットの傍らでカタールのシェイク・タミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長と会談した数週間後の12月に減刑された。

現在帰国した海軍関係者らは、釈放についてモディ首相と政府に感謝の意を表した。

読む | カタールが釈放したインド海軍職員8人:事件の時系列

そのうちの1人は、「インドに無事帰国できてとてもうれしい。もちろん、モディ首相に感謝したい。これはひとえに彼の個人的な介入があったからこそ可能だったからだ」と語った。

「私たちはインドに戻るのをほぼ18か月待っていました。私たちは首相に非常に感謝しています。首相の個人的な介入とカタールとの関係がなければ、これは不可能でした。私たちはインド政府に現場から感謝しています」アップ。あらゆる努力に私たちの心は感謝しますが、その努力がなければ、この日を迎えることは不可能だっただろう。」と別の人は言いました。

READ  屋外作業者は山火事の煙と危険な大気質に耐える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です