東芝は、JIPによる140億ドルの買収提案が成功したと発表した

[東京 9月21日 ロイター] – 東芝(6502.t)は木曜日、プライベートエクイティ会社日本産業パートナーズ(GIP)からの140億ドルの株式公開買い付けが無事に終了したと発表した。これは、困難を抱える産業大手に道を開く取引となる。 プライベートに行きましょう。

JIP主導のコンソーシアムは東芝株の78.65%を入札し、グループに3分の2の過半数を与え、これは残りの株主を追放するのに十分である。

この提携により、創業148年のエレクトロニクスから発電所までのメーカーは、長年にわたり外国のアクティビスト投資家と争ってきたが、国内の手に渡った。 東芝は12月上旬に上場する見通し。

「アクティビスト・パートナーズと東芝は何年にもわたって対立してきた。今回の買収により、両当事者は相互の制約から逃れることができる」とスマートカルマに寄稿しているクイディティ・アドバイザーズのアナリスト、トラビス・ランディ氏は述べた。

東芝は3月、2兆円(135億ドル)相当の複合企業買収の提案を受け入れた。 一部の株主は価格に不満を抱いていたが、東芝はこれ以上の提示や競合入札の可能性はないと主張した。

東芝の島田太郎最高経営責任者(CEO)は木曜日の声明で「多くの株主が当社の立場を理解してくださったことに非常に感謝している。東芝は今後、新たなパートナーとともに新たな未来に向けて大きな一歩を踏み出す」と付け加えた。

東芝は、異なる見解を持つ者を含むさまざまな利害関係者との複雑な関係が事業運営を妨げており、安定した利害関係者基盤が利益率の高いデジタルサービスに注力する長期戦略を追求するのに役立つと述べた。

2023年4月5日、川崎市の社屋に東芝のロゴが掲げられる。 ロイター/アンドロニキ・クリストドゥロウ/ファイル写真 ライセンス権を取得する

JIPは島田CEOを留任する予定。

ランディ氏は「経営陣と新たな所有権調整の見通しが士気を高めることを期待している。しかし、成功するためには、経営陣は今後の投資家に対し、より良いストーリーを伝える必要があるだろう」と述べた。

海外ではあまり知られていないが、JIPはオリンパス( 7733.T )のカメラ事業やソニーグループ( 6758.T )のノートパソコン事業など、日本企業のカーブアウトやスピンオフに関わってきた。

東芝は2015年以来不正会計に悩まされ、巨額の損失を被り、上場廃止寸前まで追い込まれた。 同社はまた、一連の企業統治スキャンダルにも陥っている。

GIPのコンソーシアムは、半導体メーカーのROM( 6963.T )、金融サービス会社のオリックス( 8591.T )、津布電力( 9502.T )を筆頭とする日本企業20社で構成されている。

これは今年日本で最大規模のM&A取引となる。 LSEGのデータによると、日本はアジア最大の単独市場だ。

政府支援ファンドによる素材メーカーJSRの64億ドル買収など、未公開株関連の取引が特に活発だ。

(1ドル=148.3000円)

山崎真紀子氏によるレポート。 編集:エドウィナ・ギブス

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  「壊滅的な」竜巻がミシシッピ州を襲い、暴風雨で19人が死亡、当局者は言う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です