法王からコメディアンへ:より良い世界の夢を応援

教皇フランシスコは、人々にインスピレーションを与え、あらゆる矛盾の中にある現実を見る手助けをするために、世界中から集まった100人以上のコメディアンと会見した。

クリストファー・ウェルズ著

教皇フランシスコは金曜朝、コメディアンは最も愛され、高く評価されているエンターテイメントの形態の一つである、その理由は彼らが「人々を笑わせる才能を持ち、培っているからである」と述べた。

これほど多くの「暗いニュース」がある中、公的および個人的な危機の真っただ中で、コメディアンは「平和と笑顔」を広めることができ、「非常に異なる、異なる世代、異なる文化」について話すことができる数少ない人物の一人です。 背景。」

教皇は、「笑いは伝染する」からこそ、「社会的な障壁を打ち破り、つながりを生み出す」ことができると述べ、コメディアンは「遊び心と笑いが人間の生活の中心である」ことを思い出させてくれると指摘した。

かけがえのない贈り物

教皇フランシスコはコメディアンらに対し、彼らは「心と人々の間に平和を広め、困難を克服し、日々のストレスに対処するのに役立つ」貴重な贈り物を持っていると語った。

教皇は、コメディアンのもう一つの「奇跡」、つまり深刻な問題を扱っているときでも人々を笑わせる能力を強調された。 「権力の行き過ぎを非難し、忘れ去られた状況に声を与え、虐待を強調し、不適切な行動を指摘する…しかし、警戒や恐れ、不安や恐れを広めることはない」と彼は彼らに語った。

神様を笑わせる

奇妙なひねりを加えて、教皇フランシスコは、創造において「神の知恵は、他の誰のためでもなく、歴史の最初の観察者である神の利益のためにあなたの芸術を実践した」と指摘した。

「これを覚えておいてください」と彼はコメディアンに言いました。 「観客の口元に賢明な笑みを浮かべると、神も微笑むことになる。」

誰も「反対」していない

彼は、ユーモアのセンスを持って考え、話すことは、人間の本性を理解し理解するのに役立つと強調しました。 教皇は、ユーモアは「傷つけず、屈辱を与えず、人々の間違いを『釘付け』にしない」と述べた。 他のコミュニケーション形式とは異なり、ユーモアは「決して誰かに『敵対』するものではなく、常に包括的かつ積極的であり、率直さ、同情、共感を呼び起こします。」

実際、教皇は「愛する人たちと遊んだり冗談を言ったりするのと同じように、私たちは神を笑うことができる」と述べた。 しかし、これは信者、特に貧しい人々の宗教的感情を傷つけることなく行われるべきである、と彼は述べた。

より良い世界を夢見て

教皇フランシスコは、出席者とその芸術を祝福して演説を締めくくった。 「特に希望を持って人生を見ることが難しいときは、人々を励まし続けてください」と彼は言いました。 「笑顔で、矛盾のある現実を見て、より良い世界を夢見るのを手伝ってください!」

READ  ロードス島の山火事:ギリシャ最大規模の避難で観光客が避難

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です