熱帯低気圧が日本を襲い、韓国で洪水、避難民を引き起こす

[ソウル/東京、8月10日 ロイター] – 過去1週間にわたって日本の南部を襲った熱帯暴風雨カヌンが木曜日に半島に上陸したため、浸水地域の1万人以上が避難し、学校が閉鎖された。

台風から熱帯低気圧に格下げされたガヌンは南東海岸に上陸し、韓国の首都ソウルに向かって進んでいた。

大砲は北朝鮮の首都・平壌を襲う可能性もあり、同国の国営メディアは軍と与党に対し洪水緩和策を講じ、農作物を守るよう命令が出されたと報じた。

内務省によると、韓国では約350の飛行機と410の鉄道路線が欠航し、1万人以上が避難している。 死傷者は報告されていない。

気象庁によると、この嵐により東海岸の一部の都市では1時間あたり60ミリの雨が降り、南東部の港湾都市釜山では最大風速が126キロ(78マイル)に達したという。

ガヌンは午後16時30分(日本時間午後7時30分)時点で韓国中部の忠清北道上空を通過中で、速度を上げて時速31キロ(時速19マイル)でソウル広域圏に向けて北上した。

首都に住む会社員、キム・ウィジョンさん(33)は「低地に住む人々や、農業や漁業による生計が影響を受けるのではないかと心配している」と語った。

教育省によると、ほとんどの学校は夏休みに入ったが、夏期講習を実施していた学校の半数近く、約1,600校が嵐の影響で閉鎖または遠隔授業に切り替えられたという。 東海岸の江原道では、一部の学校が洪水や地滑りの被害を受けた。

嵐は不運な世界スカウトジャンボリーに参加していた3万7000人の若者の悲惨さをさらに増した。 先週の暑さに耐えていた彼らは、キャンプが嵐の通り道にあったため、火曜日により安全な場所に移動した。

同国は先月のモンスーンの大雨により、浸水したトンネルでの14人を含む40人以上が死亡し、まだ復興途上にある。

国立公州大学の大気科学教授イ・ヒョンホ氏は、ガヌンは朝鮮半島を直接横断した最初の台風だと述べた。 同氏は、海面の温暖化が進み、その力がさらに強くなっていると述べた。

「気温が上昇すると、嵐のエネルギーはさらに増す可能性がある。そのため、将来的にはさらに強力なハリケーンが発生する可能性がある」とリー氏は語った。

嵐の湿った空気の影響で、西日本の一部では依然として大雨が降り続いており、先週は一部の地域で8月の平年を大幅に上回った。 ある都市では木曜朝の時点で985ミリ(38.78インチ)を記録した。

別の暴風雨、台風ランが水曜日遅く、東京の南約1,000キロ(621マイル)の小笠原諸島に接近した。

気象庁は、暴風雨の進路は不透明だが、週末までに東京地方に影響が出る可能性があると発表した。

日本の主要な夏休みであるお盆の半ばに悪天候が襲い、多くの人が大都市を離れて故郷に戻ります。

台風カヌンは日本の南部に大雨をもたらし、このまま韓国に向かって進み、木曜日に上陸する見通しです。

エレインは東京に、シン・ヒョンヒとパク・ミヌはソウルにいます。 編集:リンカーン・フィースト、エド・デイヴィス、サイモン・キャメロン・ムーア

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  フロリダ州立大がテネシー州を上回り、WCWS王座をかけてオクラホマ州と対戦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です