男性用避妊ジェルが初期臨床試験で有望性を示す

リプロダクティブ・ヘルスにおいては、男性の避妊が長年の課題となっています。 最近、ホルモンを組み合わせた局所用ジェルが、他の臨床試験でテストされた実験製品よりも短期間で精子の生成を抑制することで、より有望であることが示されました。 この予備的研究結果は、今週ボストンで開催される内分泌学会年次総会で発表された。

この研究は第2b相試験で、222人の男性が参加し、プロゲスチン薬である酢酸プロゲステロンとテストステロンから作られたゲルによる毎日の治療を少なくとも3週間完了した。 この複合材料は、リプロダクティブ・ヘルスに焦点を当てた非営利団体である Population Council が国立衛生研究所と協力して開発したものです。

この試験では、研究者らは精子抑制を評価するために4週間ごとに精子数検査を実施した。 効果的な避妊のためには、精子数を1ミリリットルあたり100万個以下にすることを目標としている。 正常な精子数は、精液 1 ミリリットルあたり 1,500 万から 2 億個の範囲です。 15週目には参加者の86%が下限値に達し、治療8週目までに精子生成は一般的に抑制された。

国立衛生研究所の避妊法開発プログラム責任者のダイアナ・ブライス氏は、今回の研究結果は画期的な出来事だと述べ、男性の避妊は女性の健康問題とみなされていると付け加えた。

ブライス氏は、パートナーと一緒に臨床試験に参加した女性たちは、試験期間中ホルモン避妊薬の使用を中止できて安心したと述べた。

「さまざまな避妊方法に苦労している女性はたくさんいます。この臨床試験の目を見張るような側面は、女性たちの声に耳を傾け、特に避妊薬の使用を中止できたとき、研究に参加することが彼女たちにとって何を意味するのかを聞いたことでした」 1年間は避妊したよ」とブリスさんは語った。

男性向けに市販されている効果的な避妊法は精管切除術だけですが、これは簡単に元に戻すことができず、コンドームの受け入れ率も低いです。

研究されたジェルと男性の避妊に関する研究の現状について知っておくべきことは次のとおりです。

READ  米国最高裁判所のレポートは、中絶判決のリークで犯人を見つけることができませんでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です