第二次世界大戦時代のタグボートが発祥の地である中央フロリダに帰還

フロリダ州ヴォルシア郡 – 1944年にデランドで建造された歴史的なタグボートが、79年間のヨーロッパ滞在を終えてヴォルーシア郡に戻る最後の航海を行いました。

非営利の DeLand Historic Trust Inc. 同社の責任者であるダン・フレンド氏は、第二次世界大戦で使用され、ノルマンディーでも使用された140トンを超えるボートをデランドに持ち帰ることを使命としている。

「私たちは、第二次世界大戦時のオリジナルのエンジンとオリジナルの上部構造を備えたタイガーを発見しました」と友人は語った。

[TRENDING: Become a News 6 Insider]

2022年、タイガーはジャクソンビルまでの輸送費として匿名の寛大な寄付を受けてようやく米国に戻ったが、今年初めにアスターで泥にはまり、少々挫折に直面した。

「私たちはそれが来ることを知っていました、そしてそれは終わったので、イアンのような別のハリケーンが来る前に安全な場所に保管するために家に持ち帰っています」とフレンドさんは言いました。

[STORY CONTINUES BELOW]

タグボートがデランドに戻る予定の数時間前、人々はタグボートを一目見ようとセント・ジョンズ川の岸辺にキャンプを張った。

「私たちは7時15分にここに着きました」とスージー・ピーズは言いました。 「いつも興奮していますし、ストーリーも本当に素晴らしいです。」

クレイグ・ウォーカーはアメリカ海軍の退役軍人です。 彼とロータリークラブの会員は、日曜日の早朝、セントジョンズ川のほとりにあるエド・ストーン・パークでタグボートを見に来た群衆のために軽食を用意した。

「それがここに着陸するのを見て興奮しています。義父が建設を手伝ってくれました」とウォーカーさんは語った。 「元の建築現場に戻るというのは、ちょっとクールですね。」

このボートには実際には多くの歴史があるため、DeLand の人々はこのボートを保存しようと努めています。 ボートを記念碑にする可能性もある。

「第二次世界大戦中のすべての米陸軍STの製作者と乗組員に捧げる記念碑を建てる予定です」とフレンド氏は語った。


今日のヘッドラインを数分で入手 あなたのフロリダ・デイリー:

著作権 2023 by WKMG ClickOrlando – 全著作権所有。

READ  ウィル・ハード氏は2024年の共和党大統領選挙から撤退し、ニッキー・ヘイリー氏を支持する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です