米国、イラン支援部隊による無人機攻撃でイラクを攻撃 | 競合メッセージ

ホワイトハウスによると、今回の空爆はイラク国内でハッタブ・ヒズボラや他のイラン系組織が使用する3つの拠点が標的となった。

ホワイトハウスは、イラク駐留の米国支援部隊に対する無人機攻撃で米軍人3人が負傷し、うち1人が重体であると発表した。

米国家安全保障会議のエイドリアン・ワトソン報道官は月曜夜の声明で、ジョー・バイデン米国大統領がハッタブ・ヒズボラとその関連組織が使用するイラクの3つの基地に対する攻撃を命令したと述べた。

ワトソン氏は、攻撃は「特に無人空中ドローン作戦に焦点を当てていた」と述べた。

「大統領は、危険な任務に就いている米国人隊員の安全よりも優先したことは一度もなかった」と述べた。 「こうした攻撃が続けば、米国は我々が選択した時期に、そして選択した方法で行動するだろう。」

ロイド・オースティン米国防長官は、「必要かつ適切な」攻撃は、月曜日のアルビル空軍基地への無人機攻撃を含む、米軍人に対する攻撃の責任を負うイランと連携したグループの能力を「混乱させ、低下させる」ことを目的としていると述べた。

「今日の攻撃で米軍人3名が負傷し、軍人1名が重体となった。 今日負傷した勇敢なアメリカ人に祈りを捧げます」とオースティンは語った。

「はっきりさせておきますが、大統領と私は、アメリカ、アメリカの軍隊、そしてアメリカの利益を守るために必要なあらゆる行動をためらうことはありません。これ以上の優先順位はありません。」

米中央軍は、初期評価では、攻撃により標的施設が破壊され、カタブ・ヒズボラ戦闘員数名が死亡した可能性があるが、民間人は死亡しなかったと述べた。

この空爆は、ガザでのイスラエルの戦争が中東全域に波及していることを示す最新の兆候であり、中東ではパレスチナ人の死者数の増加に対する怒りが広がっている。

パレスチナ当局者らによると、パレスチナ武装組織ハマスがイスラエル南部に多方面からの奇襲攻撃を開始した10月7日以来、少なくとも2万424人のパレスチナ人が殺害された。

米国政府は、ガザでの戦争が始まって以来、この地域の米国および同盟国軍に対する定期的な攻撃は、イラクとシリアのイラン代理部隊を非難してきた。 米当局は10月17日以来、イラクとシリアで米軍に対する少なくとも103件の攻撃を報告している。

イラン政府は今回の攻撃についてコメントしていないが、これまでに主要代理組織が地域の米軍を攻撃していることを否定してきた。

READ  クリムトの「扇を持つ貴婦人」が1億840万ドルで落札され、アーティストのオークション記録を樹立

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です