米国、ガザ船を阻止、援助物資の輸送を再開

米軍関係者が再び激しい海爆から建造物を移転し保護しようとする中、国防総省は飢えたパレスチナ人に人道支援を届けるためにガザ沖に浮かぶはしけを再び確保していると米当局者が金曜日に発表した。

この地域での作戦を監督する米中央軍の軍当局者は声明で、作戦を監督する司令官らはただちにイスラエルのアシュドド港に曳航するつもりだと述べた。 進行中の作戦について匿名を条件に語った作戦に詳しい米当局者2人によると、今回の命令は、作戦開始以来この作戦につきまとった悪条件に対処するためのより慎重なアプローチを示しているという。

中央軍は声明で「軍人の安全が最優先であり、船を一時的に移転することで高海面による構造的損傷を防ぐことができる」と述べた。 「船を一時的に移転するという決定は軽視されたものではありませんでしたが、臨時船が将来にわたって支援を継続できるようにする必要があります。」

船は「一定期間の公海上が予想された後」カザン沖に再停泊する予定だ。

5月25日、強力な波により船は引き裂かれ、2,200万ドルの損害が発生し、乗組員が船を修理して再取り付けする間、数日間操業を中止した。

当局者らによると、ここ数日で数百トンの食料やその他の切実に必要な物資が陸地に持ち込まれたが、内陸には運ばれていないという。 イスラエル軍とハマス武装勢力との戦闘でガザの民間人が悲惨な状況に直面しているにもかかわらず、支援物資の配布を担当する世界食糧計画は今週、6月8日のイスラエル人質救出作戦を受けて活動を停止した。 死亡しました国連のファルハン・ハク報道官は金曜日、「人道活動のための安全な環境を再確立できるかどうかの審査を待って再開する」と述べた。

この橋は海に面して設置されており、トラックを陸上に運ぶための長い鋼鉄の土手道が付いています。 米軍はイスラエル軍の支援を受けて、流血事件の前日に建造物を海岸に再取り付けしていた。

国防総省報道官のサブリナ・シン氏は今週、支援は現在陸上競技場で行われていると述べた。

CNN 木曜日に報告された 国防総省は同船を一時的に撤去することを検討している。

この船は、イスラエルがハマスとの戦争を続ける中、飢餓に苦しむガザ住民に食料やその他の必需品を届けるバイデン政権による広範な取り組みの一環として派遣された。 しかし、軍事専門誌の過去の評価によれば、波の高さが 2 ~ 3 フィートを超える場合に使用するのは困難です。 地域の予報では、日曜日には最大3回、月曜日には最大4回のうねりが予想されています。

この計画を監督する米軍高官ブラッド・クーパー中将は先週、潮が再び増した場合に軍がどのように対応するかについては明言を避け、万が一に備えて「継続計画」があると述べた。

「それまでの私たちの目標は…桟橋での人道支援の量を増やすことだ」と同氏は語った。

安全保障アナリストらも、ハマスやその他の過激派組織による攻撃の可能性について懸念を表明している。 国防総省高官らによると、米国とイスラエルの当局者はいずれも建物の安全を確保するための予防措置を講じているという。

中央軍によると、1週間前に船がカザン沖に再停泊して以来、約2500トンの援助物資が船によって届けられたという。 5月17日から5月25日にかけてさらに1,000トンが配達された。

READ  2月雇用統計を受けて株価は上昇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です