米国との緊張が高まる中、中国のハイテク起業家らは「脱中国」に熱心

深セン、中国、5月31日(ロイター) – 野心的な中国のテクノロジー起業家にとって、米国での事業拡大はますます困難になっている。

2019年以前は、中国企業が中国から米国で事業を展開するにはいくつかの大きな障壁があった。 しかし、米中貿易摩擦が高まる中、特に米国政府が通信大手ファーウェイ( HWT.UL )に制裁を発動した後、一部の中国企業は海外に本社を設立し始めており、これが米国政府の関心を引く一因となる可能性がある。

現在、一部の著名な中国ハイテク企業経営者は、米国内の中国企業に対する規制や偏見を避けるために、海外での永住権や市民権を取得すべきだと主張している。

深センに本拠を置くライアン氏は、中国での報復を恐れて姓を明らかにしなかったが、創業3年のソフトウェアスタートアップ企業は、世界最大の経済大国である米国で拡大するのが自然だと感じる段階に達したと語る。 彼の会社はすでに東アジアに 100 万人のユーザーを抱え、北米にも強力な基盤を築いています。

しかし同氏は、米中貿易摩擦と、米国議員が課した、あるいは提案した中国企業に対する制限強化に依然として落胆している。

同氏は「非常に不公平だ」と述べ、他国の競合他社が米国で事業を拡大しようとする際に同様の問題に直面しないことを嘆いた。

「ビスケットの真ん中にフィリングが挟まれているような感じです。」

彼の解決策は? 彼は別のアジアの国で永住権を取得しようとしている。

ロイターは、米国での事業拡大を望む中国本土出身のハイテク起業家7人に話を聞いた。彼らのほとんどは海外で教育を受けた人たちだ。 全員が永住権や市民権の取得を目指しており、香港、カナダ、日本、米国、シンガポールなどさまざまな選択肢を模索している。

7人の起業家のうち、3人は英語のファーストネームで特定されることに同意したが、その他は中国国内への影響への懸念を理由に完全な匿名を要求した。 彼らはまた、自分たちの職業については詳しく述べないよう求めた。

冷たい肩

米中の緊張は、両国が世界の技術的優位性をめぐって争う中、ファーウェイに広範な関税や制裁を課したトランプ政権下で新たな刺激を受けた可能性があり、ジョー・バイデン大統領の下でも摩擦は衰えることなく続いている。

主な火種としては、米国によるチップの輸出禁止や、バイトダンス傘下のTikTokが米国政府の端末やモンタナ州から使用を禁止されたデータセキュリティ上の懸念などが挙げられる。 一方、中国は最近、主要産業によるマイクロン・テクノロジー( MU.O )製品の使用を禁止し、外国のコンサルティング会社やデューデリジェンス会社の制限を求めている。

起業家やコンサルタントらによると、地政学的緊張は、米国での事業運営や資金調達を目指す中国企業にとって、環境がはるかに不利になることを意味しているという。

「ワシントンD.C.と多くの州都における政治的言説は、すべての中国企業が中国政府と中国共産党と結びつき、指導されているという誤解に基づいている」と、アメリカン・コミュニケーション・カウンシルの大中華圏会長のジェームズ・マクレガー氏は言う。 。 世界中のアプコ。

米商務省は米国内の中国企業に対する態度に関するコメント要請に応じなかった。

中国外務省は声明で「一部の西側諸国は技術を政治利用し、従来の技術や貿易協力に障壁を設けようとしているが、これは相互に利益をもたらさず、世界の技術進歩と経済発展に悪影響を与える」と述べた。

中国人らしくなくなる

しかし、米国での事業拡大がより困難になっているとはいえ、ロイターが話を聞いたほとんどの起業家にとってそれが最終目標であることに変わりはない。 その規模にもかかわらず、国内市場に焦点を当てることは魅力的な選択肢ではないと彼らは付け加えた。

2020年末以来、かつては自由奔放だった中国のテクノロジーセクターに対する2年間にわたる規制の取り締まりは、パンデミック中の厳しいゼロコロナ規制と重なり、習近平政権下の中国に対する幻滅につながった。

「パンデミックの間にすべてが変わった」と起業家のウィルソン氏は語った。習氏が昨年前例のない3選を果たした後、ソフトウェアスタートアップを海外に移転する方法を模索し始めた。

同氏は、中国からビジネスを行う可能性は低いが、米政府と中国政府との間に不信感があるため、「もし私が辞めれば、従業員や株主は楽になるだろう」と述べた。

中国国家情報院弁公室(SCIO)と外務省は、一部の起業家の海外進出の試みや中国に対する幻滅の表明についてのコメント要請に応じなかった。

ビジネスコンサルティング会社、北米エコシステム研究所を経営する深セン在住のクリス・ペレイラ氏は、オフショアや「脱中国」企業アイデンティティの再構築を目指す企業がトレンドになっていると語る。

公然と中国人としてのアイデンティティを軽視している企業には、ファスト ファッションのオンライン小売業者が含まれます。 シーン シンガポールの企業を実質的な事業体に転換した。 5月初旬、電子商取引大手PDDホールディングスは本社を上海からダブリンに移転した。

シーン氏はコメントを拒否し、PDDはコメントの要請に応じなかった。

今年これまでに、ペレラ氏の会社には海外進出の支援を求める本土企業から約100件の問い合わせが寄せられている。 ペレラ氏は、中国人であることを隠すのではなく、海外で効果的にローカライズしてコミュニティの一員になる方法を多くの人にアドバイスしていると語った。

起業家らは、民間事業主に対する中国政府の支援表明に納得できず、市民的自由の喪失を懸念していると述べた。 中国で野心的であるということは、多くの場合、中国共産党との関係を発展させることを意味しており、彼らはそれを躊躇していた、と一部の関係者は語った。

中国から海外に移住した別のビジネスマン、トミーさんは、自分の製品に関する政府の監査要求が頻繁かつ煩わしかったため、事業の閉鎖につながったことに気づきました。

SCIOは、この監査が中国の企業にどのような影響を与えるかについてのコメント要請に応じなかった。

トミーは現在、新しいスタートアップを設立しており、最終的には米国に移住したいと考えているが、最近の出張で米国の銀行口座を持っていた理由について米国税関職員に長時間質問されたにも関わらずである。

米国税関国境警備局はコメント要請に応じなかった。

デビッド・カートンによるレポート。 北京のEduardo Baptistaと上海のCasey Hallによる追加レポート。 編集:ブレンダ・コーとエドウィナ・ギブス

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  欧州連合、Googleの広告は独占禁止法に違反していると主張

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です