米国の保留住宅販売件数は11月から変わらず

サンフランシスコ クロニクル/ハースト N/ハースト新聞/サンフランシスコ クロニクルから入手

11月の米国の保留住宅販売件数は10月と同様だった。


ニューヨーク
CNN

住宅販売にとって悪い年には、ニュースがないことが良いニュースになることもあります。

Aの続き 10月は大幅減木曜日に発表された報告書によると、保留中の米国の住宅販売は11月に20年ぶりの低水準に落ち込んだ。

一方、全米不動産業者協会の月次データによると、保留住宅販売指数(成約ではなく契約締結に基づく将来予想指標)は前年比5.2%低下した。

11月に月間残高が減少した唯一の地域は南部だった。 北東部、中西部、西部での保留中の販売は当月利益を上げました。 しかし、4つの地域すべてで前年比での取引額の減少を記録した。

NARの首席エコノミスト、ローレンス・ユン氏は「住宅ローン金利の低下により、11月に正式な契約書を提出する住宅購入者は増えなかったが、鍵付きボックスの空き件数の多さが示すように、関心の急増はあった」と述べた。

「12月には住宅ローン金利がさらに低下し、最近の循環的な金利のピークに比べて月額約300ドルの節約につながり、2024年には住宅販売が改善するはずだ」とユン氏は付け加えた。

住宅ローン金利は予想通り低下を続ける中 FRBは来年から金利を引き下げる住宅市場はさらに回復するだろう。

平均的な 30 年の固定金利住宅ローン 12月21日終了週は6.67%だった。 これは前週からの減少です。 ただし、これは1年前に比べて増加しています。

同時に、住宅在庫も抑制されている。

リアルター・ドット・コムのチーフエコノミスト、ダニエル・ヘイル氏は声明で「既存住宅の供給が依然として逼迫しているため、買い手は過去1年間、新築建設に引き寄せられている」と述べた。

「既存住宅の新規物件掲載活動により、住宅ローン金利の低下と相まって、11月の在庫総量が増加した。 [should] ヘイル氏は、「購入者の関心を既存住宅に移し、保留中の販売活動を改善する」と付け加えた。

12月28日までの週の住宅ローン金利は木曜東部時間正午に発表される。

READ  サム・アルトマン氏がOpenAIのCEOを辞任

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です