米国の債務上限交渉、期限が近づくにつれ進展

ジョー・バイデン大統領と共和党のケビン・マッカーシー議長は政府支出を抑制し、米国債務不履行を回避するための2年間の合意に近づいており、世界最大の経済大国の財政健全化に終止符が打たれるのではないかとの期待が高まっている。

合意の可能性について詳しい関係者らによると、交渉担当者らは米国がすべての金融債務を支払うための資金が不足する6月1日の期限までに、数日以内に合意をまとめる予定だと述べた。

木曜日にかけて、ホワイトハウスと国会議事堂の共和党の両者は、何も結論は出ていないものの、交渉はより良い状況にあると示唆した。 もし合意に達したとしても、バイデン氏の署名を求めるために僅差で分かれた議会での身の毛がよだつような採決に直面することになり、米国の財政の将来をめぐる不確実性が来週まで続く可能性がある。

バイデン氏は木曜午後、「マッカーシー議長と私は多くの生産的な会話をしており、職員らは話しながら会い続けており、前進している」と述べ、会談で明るい雰囲気を漂わせた。 「我々が前進し、この国の勤勉なアメリカ国民を守ることを可能にする合意に達すると確信している。」

同氏のコメントは、金融危機が数日以内に激化する可能性があるとの懸念のなか、信用格付け会社フィッチが債務上限をめぐる「瀬戸際政策」を理由に米国のトリプルA格付けを引き下げる可能性があると警告した翌日に発表された。 妥協案です。

バイデン氏とマッカーシー氏は両党幹部から、交渉の最終段階で譲歩しないよう求める声に直面している。

マッカーシー氏は木曜日、ドナルド・トランプ前大統領と電話で会談し、バイデン氏が大幅な歳出削減に同意しない場合はデフォルトを受け入れるよう共和党に呼び掛けた。 その後、同氏は事務所で共和党の有力議員らと会談した。 マッカーシー氏は記者団に対し、「我々は一日中ホワイトハウスと話し合っており、行ったり来たりしているが、簡単ではない」と語った。 「完了までにはしばらく時間がかかりますが、完了に向けて懸命に取り組んでいます。」

交渉に詳しい関係者によると、この協定は来年の総選挙後に新たな議会と政権が発足する2025年までの米国の財政政策の方向性を定めることになる。 バイデン氏は民主党として2期目に立候補しており、共和党の指名獲得の最有力候補はトランプ氏とフロリダ州知事ロン・デサンティス氏だ。

措置には債務上限の引き上げとそれまでの支出抑制、最終交渉スケジュールにある主要インフラプロジェクトの承認の迅速化、社会セーフティネットプログラムへの新たな作業要件の追加などが含まれる。

関係者によると、両国はまた、富裕層の脱税や脱税への取り組みを強化する目的で昨年承認された米国の徴税機関である内国歳入庁への資金提供を削減するかどうかについても議論しているという。

下院議員らは戦没将兵追悼記念日の長い週末に向けて帰国する予定だが、急遽ワシントンに戻らなければならないと言われている。 TDコーウェンのワシントン調査グループのアナリスト、クリス・クルーガー氏は木曜日のメモで、「潜在的な債務上限に関する合意はもう時間切れだ」と書いた。

ワシントンの経済団体は、壊滅的な経済・財政的打撃を避けるため、双方にできるだけ早く妥協するよう求めている。

米商工会議所の最高政策責任者ニール・ブラッドリー氏は、「今後24時間以内に合意がなければ、本当に大変なことになる」と語った。 「私たちは、物事がうまくいくことを望んでいる時期にいます。」

ウォーリー・アディエモ財務副長官はこれに先立ち、投資会社主催のイベントで講演し、姿勢が行き詰まったと嘆いた。

「全員の目標は債務上限を確実に引き上げることだと思います。 しかし最も重要なことは、この部屋にいる誰もが知っていることです [and] 「アメリカ国民は我々がここにいるべきではないことを知っている」と彼は言った。 「これは作られた危機だ。」

READ  バッファロー・ビルズのダマー・ハムリンがNFLの試合中に倒れ重体に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です