米国の失業保険申請件数は9週間で最低に低下

インフレ抑制に向けた米連邦準備理事会(FRB)の利上げにもかかわらず、労働市場が引き続き堅調を維持したため、先週は失業手当を申請する米国人が減少した。

労働省が木曜日に発表したところによると、4月20日までの週の失業保険申請件数は前週の21万2,000件から5,000件減の20万7,000件となった。 これは2月中旬以来の低水準だ。

週間の高値と安値の一部を平準化した4週間の平均申請件数は、1,250件減の213,250件となった。

週間失業保険申請件数は、特定の週における米国の一時解雇数であり、雇用市場がどこに向かっているのかを示すものと考えられています。 2020年春のパンデミックによって何百万もの雇用が失われたため、この水準は歴史的に低い水準にある。

経済が4年前の新型コロナウイルス感染症不況から回復した後、連邦準備理事会は40年にわたる高インフレを食い止めるため、2022年3月から基準貸出金利を11回引き上げた。 中銀の目的は労働市場を緩和し、賃金上昇率を鈍化させることであり、それが高止まりするインフレの一因となっていると指摘した。

エコノミストの多くは、急速な利上げは景気後退を引き起こす可能性が高いと考えていたが、雇用は豊富で、経済は堅調な個人消費によって支えられている。

先月、米国の雇用主は 驚くべきことに 303,000 人の雇用が追加されました、高金利に直面した米国経済の回復力のもう1つの例。 失業率は3.9%から3.8%に低下し、現在は26か月間4%を下回っており、この状態は1960年代以来最長となっている。

企業は緩やかなペースではあるが人員削減を発表している 最近人員削減が増えている、主にテクノロジーとメディアにわたってです。 グーグルの親会社アルファベット、 りんごeBay、TikTok、Snap、Amazon、Cisco Systems、ロサンゼルス・タイムズはいずれも最近、人員削減を発表した。

テクノロジーやメディア以外でも、 UPSメイシーズ、 テスラ リーバイ・ストラウスも最近仕事を削減した。

4月13日までの週に合計178万人のアメリカ人が失業手当を受け取った。 これは前週より15,000人減少した。

READ  HSBC、被災したシリコンバレー銀行の英国部門を救出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です