米国の年間インフレ率は5%を下回り、物価圧力は依然として強い

  • 4月の消費者物価指数は0.4%上昇した
  • CPIは前年比4.9%上昇
  • コアCPIは0.4%上昇。 前年比5.5%増

[ワシントン 10日 ロイター] – 4月の米消費者物価の年間上昇率は2年ぶりに5%を下回り、連邦準備理事会(FRB)による主要なインフレ監視措置が緩和され、中央銀行にクッションが与えられた。 来月のさらなる利上げは控える。

それでもインフレは依然として強く、水曜日の労働省の報告書によると、家賃の高騰とガソリンと中古車の価格上昇により月次の消費者物価が堅調に上昇した。 まちまちの報告書は、中銀が景気刺激に向けて年内に利下げを開始するとの金融市場の期待を打ち砕いた。

バンク・オブ・ザ・ウェスト(サンフランシスコ)のチーフエコノミスト、スコット・アンダーソン氏は「きょうの消費者インフレ報告は、FRBが6月の利上げ一時停止を真剣に検討しているものの、短期的な利下げには賛成していないという根拠を裏付けるものだ」と述べた。

消費者物価指数(CPI)は3月に0.1%上昇した後、先月は0.4%上昇した。 この上昇はエコノミストの予想と一致した。 家賃が高止まりし続けると、インフレの上昇につながります。

しかし、消費者にとっては救いの余地もあった。 食品価格は2カ月連続で横ばいとなった。 食料品店価格は3月に0.3%下落し、0.2%下落し、2019年7月以来初めて連続下落を記録した。 3月に比べて野菜や果物、肉、魚、卵が安くなりました。 乳価格は2.0%下落し、2015年2月以来の大幅な下落となった。

天然ガス価格は4.9%下落し、電気料金も2カ月連続で下落し、3月の4.6%下落に続いてガソリン価格の3.0%上昇が鈍化した。

サウジアラビアや他のOPECプラス産油国がさらなる減産を発表したことを受けて反発した。 しかし、原油価格が急落し景気後退リスクが高まる中、連邦準備制度による懲罰的利上げや信用状況の引き締め、連邦政府の債務上限引き上げの行き詰まりにより、ガソリン価格も下落している。

4月までの12カ月間でCPIは4.9%上昇した。 これは2021年4月以来最小の前年比上昇率で、3月の5.0%上昇に続いた。

中央銀行の利上げサイクルに物価が反応したため、消費者物価は前年同月比4.9%下落し、10カ月連続の鈍化となった。

年間CPIは昨年6月に9.1%に上昇し、1981年11月以来の最大の伸びとなったが、ロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギー価格の昨年の当初の急騰が計算から除外されて以来、鈍化が続いている。

FHNフィナンシャル(ニューヨーク)の首席エコノミスト、クリス・ロウ氏は「総合的に見て、インフレ率は依然として高く、月0.4%なら2%まで下がらないだろう」と述べた。 「そこに到達するには、0.15%の継続的な上昇が必要です。」

インフレ統計が予想を下回らなかったことに安堵感が広がり、ウォール街株は上昇した。 ドルは通貨バスケットに対して下落した。 米国債価格は上昇した。

2022年6月10日、米国ニューヨーク市マンハッタンのデパートで見られるショッピングカート。 ロイター/アンドリュー・ケリー/ファイル写真
炎症

サービスインフレ冷却

先週金曜日の雇用統計に続いてインフレ統計が発表され、4月の雇用と賃金の伸びが加速し、失業率が53年ぶりの低水準となる3.4%に低下したことが示された。 これは中銀当局者が6月13─14日の政策会合で用意する2つのインフレ報告書のうちの1つである。

米連邦準備理事会(FRB)は先週、翌日物基準金利をさらに25ベーシスポイント引き上げ、5.00─5.25%のレンジとし、1980年代以来の引き締めキャンペーンを一時停止する可能性を示唆した。 中銀は2022年3月から政策金利を500ベーシスポイント引き上げた。

変動の激しい食品とエネルギー成分を除いたCPIは先月0.4%上昇し、3月の上昇率と一致した。 4月までの12カ月間で、いわゆるコアCPIは3月に5.6%上昇した後、5.5%上昇した。

月次コアCPIは中古車とトラックの価格が4.4%上昇し、昨年6月以来の上昇となったことが押し上げとなった。 コア商品価格は3月に0.2%上昇した後、0.6%上昇し、2022年半ば以来の最大値となった。

住宅所有者が家賃を支払うか、不動産を貸すことでどれだけ稼いだかを示す所有者等価家賃(OER)は0.5%上昇し、2カ月連続で上昇した。 家賃は引き続きコアCPIの上昇圧力となっているが、家賃のインフレは緩和している。

政府は先週、第1四半期の賃貸空室率が2年ぶりの高水準に上昇したと報告した。 また、独自の指標によると、家賃は低下傾向にあり、CPI における家賃の指標は独自の指標に比べて遅れをとっています。

航空運賃は2.6%下落、ホテルとモーテルの客室数は3.0%下落し、サービスは0.2%上昇(3月は0.3%上昇)した。 宿泊を除くサービスは前月横ばいで0.1%上昇した。 しかし、娯楽や個人サービスの費用は増加しました。

エコノミストの試算によると、住宅以外の中核サービス価格は3月の0.4%上昇に続き0.1%上昇した。 これは、いわゆるスーパーコアの上昇率としては2020年7月以来最低となる。 スーパーコア価格は、インフレ抑制の進捗状況を評価するために政策立案者によって監視されています。

しかし、一部のエコノミストは、CPIデータを使用した毎月のスーパーコア指標を重視しすぎないよう警告している。 政策立案者は、変動が少ないと考えられる個人消費支出(PCE)価格指数データのスーパーコア指標にさらに重点を置いている。

CPI と PCE 価格指数は、異なる方法と重み付けを使用して計算されます。

TD証券(ニューヨーク)のマクロストラテジスト、オスカー・ムニョス氏は「連邦当局がこの指標に言及する場合、PCE版はCPIではない」と述べた。 「我々の予想では、今年が進むにつれて労働市場の状況が逼迫するにつれ、この部門の勢いは徐々に失われていくだろう。6月の利上げはまだ予定通りだ。」

ルシア・ムディガニによるレポート。 編集:野見山千寿

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  珍しい銀河群で謎の高速電波バーストが再発見される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です