米国は独占を保護しているとしてライブ・ネイションを非難する予定

関係者3人によると、司法省と州の団体は木曜日、チケットマスター傘下のライブ・ネイション・エンターテイメントがライブ・エンターテイメント業界で違法な独占を行っているとして同社を告訴する予定だという。

政府は訴訟で、ライブ・ネイションがチケットマスター社のコンサート会場との独占的なチケット販売取引や、コンサートツアーや会場管理といった他の事業における同社の優位性を通じてその権力を活用したと主張する予定だ。 この事件はまだ非公開であるため、この名前が付けられています。 それが同社の独占維持を助け、消費者向けの価格と手数料を引き上げ、チケット業界のイノベーションを抑制し、競争を阻害した、と関係者らは述べた。

関係者の1人によると、政府は、同社が宣伝するツアーはチケットマスターが独占的な発券サービスを提供する会場で公演される可能性が高く、ライブ・ネイションのアーティストは同社が所有する会場で公演したと主張するだろう。

Live Nation はコンサート界の巨大企業であり、ミュージシャンとファンの生活に同様に影響を与えています。 その規模と範囲は競合他社を上回っており、コンサートのプロモーション、チケット販売、アーティストの管理、世界中の何百もの会場やフェスティバルの運営を網羅しています。

チケットマスター部門だけでも、世界中のイベントで年間 6 億枚以上のチケットを販売しています。 ある推定によると、米国の主要コンサートホールのチケット販売の 70 パーセントから 80 パーセントを同社が処理しているという。

議員、ファン、競合他社は、同社が競合他社に損害を与え、チケットの価格や運賃をつり上げる行為を行っていると非難している。 昨年初めの議会公聴会では、テイラー・スウィフトがチケットマスターでツアーを先行販売し、数百万人がチケットを購入できなかったことを受けて、両党の上院議員がライブ・ネイションを独占企業と呼んだ。

同社は、 拒否した アーティストや会場などの他の当事者に責任があると主張すると、より高い価格と手数料が設定されます。

司法省の広報担当者とライブ・ネイションの広報担当者はコメントを控えた。 ブルームバーグ・ニュースは以前、訴訟が差し迫っていると報じていた。 関係者2人によると、訴訟はニューヨーク州南部地区で起こされる見通し。

近年、米国の規制当局は他の大企業を告訴し、大企業が消費者に対して行使する新たな権力に対して、100年前の独占禁止法を試している。 司法省は3月にAppleが顧客が端末を押しのけるのを困難にしているとしてAppleを提訴しており、Googleは独占禁止法に違反したとしてすでに2件の訴訟を起こしている。 米連邦取引委員会は昨年、自社サイトの販売者に損害を与えたとしてアマゾンを、インスタグラム、フェイスブック、ワッツアップを買収したとしてメタを相手に独占禁止法訴訟を起こした。

2010年、司法省は世界最大のコンサートプロモーターであるライブ・ネイションに対し、法的和解で定められた一定の条件の下でチケットマスターの買収を許可した。 たとえば、会場がチケットマスターを使用しない場合、ライブ ネイションはコンサート ツアーを中止すると脅すことはできません。

しかし、2019年に司法省は、ライブ・ネイションがこれらの条件に違反し、契約を変更および延長したと認定した。

司法省によるライブ・ネイションに対する最新の捜査は2022年に始まった。 超党派のウェブサイト「オープンシークレット」を通じて入手可能な提出書類によると、ライブ・ネイションは同時にロビー活動を強化し、2022年の110万ドルから2023年には連邦ロビー活動に240万ドルを支出した。

4月、毎年恒例のホワイトハウス特派員協会の夕食会に先立って、同社はワシントンで豪華なパーティーを主催し、カントリー歌手ジェリー・ロールのパフォーマンスとカクテルナプキンが披露された。 明らかになった肯定的な真実 Live Nation の経済的影響は、アーティストに支払われると主張する数十億ドルです。

ホワイトハウスからの圧力を受け、ライブ・ネイションは6月、自社が所有する会場でのショーの料金を、追加料金を含むすべての料金を含めた価格で表示し始めると発表した。 米連邦取引委員会は間接支払いを禁止する規則を提案した。

同委員会の前委員長ビル・コヴァチッチ氏は水曜日、同社に対する訴訟は、同社を現在の規模に成長させた過去の反トラスト当局者らを叱責することになると述べた。

「これは、以前の政策が失敗し、大失敗したとも言い換えられる」と同氏は述べた。

READ  香港:政府に反対意見を抑制する権限を強化する法律が可決

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です