米国全土で感染者が増加する中、科学者らは「ゾンビジカ病」が人間に広がる可能性があると警告している

昨年米国で数百頭の動物がこの病気に感染したことを受け、科学者らは「ゾンビジカ病」が人間に広がる可能性があると警告した。

ワイオミング州のシカ、ヘラジカ、ヘラジカの800標本から慢性消耗病(CWD)が発見され、動物たちはよだれを垂らし、無気力で、ぐったりしており、目がうつろになっている。

しかし専門家らは、この病気は「ゆっくりと進行する災害」であると警告し、各国政府に対し、人への感染の可能性に備えるよう求めた。

「英国での狂牛病の発生は、人間から家畜への波及事象が一夜にして狂気を引き起こす可能性があるという一例を示した」とCWDの研究者コリー・アンダーソン博士はガーディアン紙に語った。

同氏は「同様のことが起こる可能性について話し合っている。確実に起こるとは誰も言っていないが、人々が備えることが重要だ」と述べた。

米国コロラド州のラバジカのファイル写真。 シカ、ヘラジカ、ヘラジカの最大800の標本で慢性消耗性疾患が診断された

(ゲッティイメージズ)

英国では、汚染された肉骨粉を牛に与えた牛海綿状脳炎の発生により、1980年代から1990年代にかけて440万頭の牛が殺された。

この病気は通常牛にとって致命的であり、中枢神経系に影響を及ぼし、動物に攻撃的な症状や協調性の欠如をもたらします。 1995年以来、178人の死亡が人間の多様性に起因すると考えられている。

Coalition for Public Wildlife によると、2017 年には年間 7,000 頭から 15,000 頭の CWD に感染した動物が人間によって食べられていました。

この数字は毎年 20% 増加すると予想されていました。 ウィスコンシン州では、数千人が感染した鹿の肉を食べた可能性があるとアンダーソン博士は述べた。

CWD は、環境が一度感染すると根絶するのが非常に困難です。 汚れや表面に何年も耐えられ、消毒剤、ホルムアルデヒド、放射線、600℃ (1,100F) の温度での焼却にも耐性があると科学者は報告しています。

これは、米国のバイオテクノロジー企業ギンコ・バイオワークスが、動物から人間に伝染する病気によって、2050年には2020年よりも12倍多くの人が死亡する可能性があると警告した後のことだ。

同研究所は、気候変動や森林伐採により、スピルオーバーとして知られる人獣共通感染症の発生が将来的により頻繁になる可能性があると述べた。

研究チームの調査によると、1963年から2019年にかけて、感染者数は毎年5%近く増加し、死亡者数は9%増加した。

同報告書は、「このような年間増加率が続けば、分析された病原体によって2050年には2020年に比べて4倍の流出事故が発生し、12倍の死者が発生すると予想される」と警告した。

READ  ニッキー・ヘイリー、「SNL」サプライズ出演で共和党のライバル、ドナルド・トランプを非難

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です