英国のインフレ率は4.6%に低下、2年ぶりの低水準となった

昨年、ロシアのウクライナ侵攻で卸売エネルギー価格が上昇したが、英国では請求書の価格上限の反動で家計が値上がりを実感した。 今年も卸売価格が下落し同様のことが起きた。

10月には、エネルギー規制当局が3カ月ごとに設定する上限である家庭用エネルギーコストの低下により、インフレ率が低下した。 平均世帯支出は年間1,834ポンド(2,293ドル)に設定され、以前より7%低くなった。 1年前、政府がこれらの支払いに補助金を出す介入を行った後でも、全体のインフレ率は11%以上に達し、家庭のエネルギーコストが跳ね上がった。

ここ数カ月インフレの主な要因となってきた食品インフレも10月には緩和した。 食品価格は10.1%上昇し、2022年6月以来の低いペースとなった。

政策当局者らは、コアインフレ率の低下に安心感を覚えながらも、インフレがどの程度持続可能なものになるのかを見極めるため、国内の物価圧力の他の指標を注意深く観察している。 これらはゆっくりと落ちていきます。 例えば、当局は、食料とエネルギーの価格を除いた指標であるコアインフレ率に注目しているが、これは物価が不安定で国際金融市場の影響を大きく受けているためである。 先月のコアインフレ率は9月の6.1%から5.7%に低下した。

政策立案者はインフレの厄介な側面の一つである賃金の伸びも監視している。 企業の賃金コストの影響を大きく受けるサービス部門では、物価上昇率が6.6%に鈍化した。 火曜日に発表されたデータによると、賃金の伸びは第3・四半期に鈍化したが、年率換算で7.7%のペースで依然として歴史的高水準に近い水準にある。

インフレ率が10%を超えた年初、リシ・スナック首相は年末までに英国のインフレ率を半減すると約束した。 水曜日にデータが発表された後、 彼は成功した この約束について。

しかし、それで英国のインフレ問題が終わったわけではない。 インフレの制御は実際にはイングランド銀行の政策当局者の手に委ねられており、インフレ率を安定した2%に戻さなければならない。

中銀の首席エコノミスト、ヒュー・ピル氏は火曜日、インフレ率の低下には「顕著な」進展が見られたが、インフレ率は依然として高水準であり、政策当局者には「やるべきことがいくつかある」と述べた。

ブリストルでのイベントで講演した同氏は、 ビル氏は、このニュースはインフレの一部の基礎的な指標に関して「明らかにそれほど良くない」と警告した。 たとえば、賃金の伸びが速すぎて、2%のインフレに追いつくことができません。

インフレ率は来年末までに3.4%に低下すると予想されているが、中銀関係者はインフレ率が目標に達すると確信できるまで金利を高水準に維持すると述べた。 中銀の政策当局者らは2021年末から政策金利をゼロ付近から引き上げた後、過去2回の会合で金利を2008年以来の高水準に据え置いた。

これら過去の利上げの影響はさらに深まり、インフレ圧力はさらに低下すると予想されます。 中央銀行によると、今後1年半にわたり英国経済は横ばいが続くと予想されている。

しかし、インフレが予想よりも長引くリスクや、中東紛争がエネルギー価格の高騰を引き起こし、価格圧力が再び高まるリスクもある。

READ  バスの移動を抑制しようとするアダムズ市長の取り組みが障害に直面している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です