英国のインフレ率は6月に予想を上回る7.9%に低下

  • ロイターがまとめたエコノミストらは、総合消費者物価指数が予想を上回る8.7%上昇した5月に続き、年率8.2%上昇すると予想していた。
  • 変動の激しいエネルギー、食品、酒類、タバコの価格を除いたコアインフレ率は前年比6.9%にとどまった。

シティ オブ ロンドン金融街のスカイライン ビュー。

マイク・ケンプ | 写真で | 良い写真

ロンドン – 英国のインフレ率は6月に大幅に鈍化し、年率7.9%というコンセンサス予想を下回った。

ロイターが実施したエコノミスト調査では、総合消費者物価指数の年率上昇率は8.2%と予想されており、5月の予想を上回る8.7%上昇となった。

月次ベースでは、総合 CPI は 0.1% 上昇しました。 コンセンサス予想の0.4%を下回った。 変動の激しいエネルギー、食品、酒類、タバコの価格を除いたコアインフレ率は前年比6.9%にとどまった。

国家統計局は水曜日、自動車燃料価格の下落がCPI年率の月次変化に最も大きな下押し要因となったと発表した。 6月の食品価格は上昇したが、前年同時期よりは低かった。

ONSは「金利の変化を大幅に補うような上昇寄与はない」と付け加えた。

水曜日のロンドン時間午前7時50分の時点で、ポンドは対ドルで0.6%下落し、1.296ドルとなった。

ジョン・グレン財務長官は水曜日、CNBCに対し、予想を上回るインフレ率の低下は「非常に心強い」と述べた。

「しかし、ここ財務省に満足はありません」と彼は付け加えた。 「われわれはイングランド銀行と緊密に連携し、今年は長期基準の2%まで半減するよう努めている」と述べた。

英国は高インフレに耐え続けており、政府とイングランド銀行は、生活費危機と逼迫した労働市場での燃料賃金の上昇によってインフレが経済に根付く可能性があると警告している。

イングランド銀行のアンドリュー・ベイリー総裁と英国大蔵大臣のジェレミー・ハント氏は今月初め、ロンドンで聴衆に対し、賃金上昇の解決がインフレ抑制の取り組みに悪影響を及ぼしていると語った。

経済協力開発機構は先月、英国が今年、すべての先進国の中で最も高いインフレを経験し、年間実質インフレ率は6.9%になると予測した。

金融政策委員会が需要抑制とインフレ抑制に苦戦する中、イングランド銀行は先月、13回連続となる50ベーシスポイントの利上げを実施した。

過去20カ月で英国の基準金利が0.1%から5%に上昇したことを受け、市場は8月のMPC会合でさらに5.5%への積極的な0.5ポイント引き上げを織り込んでいる。

「光の光」

同研究所の経済部長スレン・ティルー氏は、エネルギーと燃料の価格がインフレを「正しい方向に」動かしている一方で、根強いコアインフレと食料品費は「苦境にある家計や企業に真の救済をもたらす可能性は低い」と述べた。 イングランドとウェールズの公認会計士。

同氏は声明で「6月のインフレ低下に続く7月の大幅な下落と、オフジェムによるエネルギー価格の上限引き下げに伴うエネルギー料金の下落により、総合金利は7%を下回る公算が大きい」と述べた。

同氏は、イングランド銀行の金融政策と政府の増税の遅れ効果が需要を圧迫するため、コアインフレ率は引き続き低下傾向にあるとの見方を示した。 しかし同氏は、これは「特に経済の低迷と高い失業率を犠牲にして」実現されるだろうと警告した。

同氏は「金利は8月に再び上昇するだろうが、金利を設定する際に現在のインフレ統計に過度に注目すると、利上げと経済全体への影響との間に長い時間差が生じるため、政策ミスに損害を与える可能性がある」と述べた。

キルター・インベスターズの最高投資責任者、マーカス・ブルックス氏は、CPIの低下は「一筋の光」を示しているが、インフレに関して英国が主要国の中でなぜ最悪なのか「改めて疑問に思う」と述べた。

「需要はインフレと金利上昇の両方に耐えてきたが、亀裂が生じ始めており、住宅ローン保有者は現在の金利にさらされており、結果として経済が苦しむ可能性が高い。」

政府は2024年に選挙を控えており、イングランド銀行金利のさらなる引き上げや財政引き締めの可能性は低いとブルックス氏は、来年の景気後退への道はインフレ率を目標に戻すために必要かもしれないと指摘した。

同氏は「インフレは間もなくより好ましい水準に戻り始めるはずだが、こうした予測は予測不可能であることが分かっている」と付け加えた。

「投資家にとって、これは、この困難な環境を乗り切ることができる優良企業に避難所を求めることを意味すると同時に、厳しい経済時代に向かう中、魅力的な価格に注目している英国債などの債券投資も検討することを意味する。」

READ  アラスカ航空1282便、離陸直後の遅れでPDXに帰還

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です