金の上昇で米国債は下落、株価はまちまち:市場は折り返す

(ブルームバーグ): 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が政策当局者は利下げを急いでいないと警告したにもかかわらず、金曜日に市場が一部の動きを修正したため、米国債は下落し、金は月曜日の取引高値から下落した。

ブルームバーグで最も読まれた記事

利回りは米国債の全期間で上昇し、指標となる10年債は4.25%となった。 パウエル議長が必要に応じて中銀は追加利上げの用意があると述べ、政策は依然として「抑制された範囲内」にあると指摘したにもかかわらず、金曜の米国債はスワップ価格を5月まで引き下げた。

一方、金は1オンス当たり2,085.34ドルまで取引され、これまでの日中高値からは下落したが、過去最高値で終了した。 ビットコインは2022年4月以降3%近く上昇し、米国で新たな上場投資信託が承認されるとの期待から数か月にわたる上昇を続けた。 アジア株はまちまちで、オーストラリア株と韓国株が上昇する一方、日本株は下落した。 S&P500先物は安定している。

ファンドストラットのリサーチ責任者トム・リー氏は日曜日のノートで、来週のFRB政策会合を前に多くの経済指標が発表される中、「われわれは不確実性の領域にいる」と述べた。 同氏は「市場は堅調になる可能性がある」とした上で「押し目買いが優勢となり、12月は米国株にとって良い月になるだろう」と述べた。

香港と中国の主力株は軟調だった。 しかし、香港の裁判所が世界で最も負債を抱える不動産開発会社を救済するかどうかの決定を再び延期したことを受け、経営危機に陥った開発会社中国恒大集団の株価は最大22%上昇した。

OPECプラスの最近の供給削減が市場の流れを変えるのではないかという疑念が根強く残る中、原油価格は下落した。

粘着性のインフレ

今週は、オーストラリアの成長、中国のインフレ、米国の非農業部門雇用者数に関するデータがすべて発表されるため、トレーダーらは世界経済の健全性を示す手掛かりに注目している。 オーストラリア準備銀行は火曜日、マイケル・ブロック総裁がインフレは現在抑制されており、インフレの悪化が予想されると警告したことを受けて金利を据え置いた。

IGグループ(シドニー)のアナリスト、トニー・シカモア氏は顧客向けノートで、予想よりも低いインフレがRBAの政策を据え置く可能性があるものの、「『国内』サービスのインフレが粘ば、バイアスの引き締めが確実に維持されるだろう」と述べた。 「2月の利上げは、1月末に発表される12月四半期インフレ率の結果次第となるだろう。」

アラスカ・エア・グループがライバルのハワイアン・ホールディングス傘下のハワイアン航空を19億ドルで買収することで合意したことを受け、月曜日にウォール街が再開されると、米国の航空株に注目が集まるだろう。

投資家は中東の地政学的緊張にも注目するだろう。 イスラエルはガザでの軍事作戦を再開し、紅海では米軍艦が攻撃され、イエメンの反政府勢力フーシ派はイスラエル艦船2隻に対して作戦を実行したと発表した。

今週のハイライト:

  • リスクバンクの11月会議議事録は月曜日に公表された

  • 米国工場受注、耐久財、月曜日

  • オーストラリア準備銀行の金利決定、火曜日

  • 日本の東京CBI、火曜日

  • 中国財新サービスPMI、火曜日

  • 韓国のCPI、GDP、火曜日

  • ユーロ圏PMI、火曜日

  • オーストラリアのGDP、水曜日

  • ユーロ圏小売売上高、水曜日

  • カナダ銀行の金利決定、水曜日

  • 中国貿易、外貨準備高、木曜日

  • ユーロ圏のGDP、木曜日

  • ドイツの鉱工業生産、木曜日

  • 米国の総在庫、新規失業保険申請件数、木曜日

  • 日本の家計支出、GDP、銀

  • 米国の非農業部門雇用者数、ミシガン大学消費者センチメント、金曜日

市場の主な動きは次のとおりです。

株式

  • S&P500先物は東京時間午後1時51分時点で0.1%下落した。 S&P500は金曜日に0.6%上昇した

  • ナスダック100先物は0.3%下落した。 ナスダック100は0.3%上昇

  • 日本のTOPIX指数は0.6%下落

  • 香港のハンセン指数は0.6%下落した。

  • 中国の上海総合指数はほとんど変化なし

  • オーストラリアのS&P/ASX 200指数は0.8%上昇

コイン

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数はほとんど変化なし

  • ユーロは0.1%安の1.0873ドル。

  • 日本円は1ドル=146.76円とほぼ変わらず。

  • オフショア人民元は0.3%安の1ドル=7.1425元。

  • 豪ドルは0.3%安の0.6658ドル。

暗号通貨

  • ビットコインは2.8%上昇して40,853.95ドルとなった

  • イーサは1.9%上昇して2,225.72ドルとなった。

債券

  • 10年国債利回りは6ベーシスポイント上昇し4.25%となった。

  • 日本の10年債利回りは1ベーシスポイント低下し0.690%となった。

  • オーストラリア10年債利回りは3ベーシスポイント低下し4.46%となった。

材料

  • ウェスト・テキサス・インターミディエイト原油は0.7%下落し、1バレル=73.56ドルとなった。

  • 金スポットは0.6%上昇して1オンスあたり2,085.06ドルとなった。

この記事は、Bloomberg Automation の協力を得て作成されました。

–マイケル G. ウィルソンさんの協力もあって。

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2023 ブルームバーグ LP

READ  間近に迫った星の「死」が明らかに - NASA のウェッブ望遠鏡が超新星の前兆をとらえる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です