金曜日のNBAプレーオフのポイント:マーベリックスがクリッパーズをノックアウト。 マジック フォース ゲーム 7

ジョシュ・ロビンス、ジョー・ウォートン、ティム・カトー、ロー・マレー著

ダラス・マーベリックスは金曜日の夜、ロサンゼルス・クリッパーズを114-101で破り、ウェスタン・カンファレンス準決勝に進出した。

ルカ・ドンチッチは前半に精鋭のプレーメイキングでダラスをリードし、13アシストを記録した。一方、共演者のカイリー・アービングは後半に30得点と5本の3ポイントシュートを放ち、目もくらむような得点でアメリカン・エアラインズ・アリーナを満員にした。 。

クリッパーズのスターターは18得点以上を記録しなかったが、エリミネーションゲームではジェームズ・ハーデンとポール・ジョージがフィールドゴール34本中11本、3本中16本中2本を合わせて成功した。

マーベリックス 114、クリッパーズ 101

シリーズ: 4-2、マーベリックスの前進

ダラスはエリートディフェンスで次のラウンドへ進む

マーベリックスは3シーズンぶり2度目のカンファレンス準決勝進出を果たした。 チームはエリートディフェンスでここまで到達しており、2つのスターを高めるために必要な気概を生み出し、提供するために着実に名簿を構築しています。 金曜日の第6戦では、チームのオーナーであるドンチッチがシュートに苦しんだときでも、ダラスはそのディフェンスを見せてシュートを封じた。

ドンチッチはシュート26本中わずか9本成功で28得点を記録した。 しかしだからこそ、ダラスには 2 つのスターがあり、アービングは 30 得点を挙げ、後半を通してダラスのシリーズ優勝を快適に維持するのに貢献しました。

火曜日から始まるダラスの対オクラホマシティ・サンダーシリーズについて、3つの質問がある。 まず、ダラスは2月のサンダー戦でベンチから19得点、9リバウンドを記録し、マーベリックスデビューを果たしたダニエル・ガフォードを獲得して以来、最も多くの量を記録した。 ルーキーセンターのデレク・ライブリー2世はその試合には出場しなかったが、現在この2人は双頭センターの大ローテーションを形成しており、シーズンを通じてサンダーの主な弱点となっていた体格のタイプである。 ダラスはセカンドチャンスポイントとオフェンスリバウンドで優位に立つことができるだろうか?

第二に、オクラホマシティーはレギュラーシーズンでリーグ最多のターンオーバーを強いられたのに対し、ダラスのオフェンスはリーグで4番目に低いターンオーバー率だった。 その戦いに勝つのは誰でしょうか?

第三に、ドンチッチはシリーズを通してショットに苦戦しており、ディフェンスの向上でそれを補っているものの、MVP級の選手ではなかった。 でもきっと、いつか彼はサンダー相手にショットを打つことになるだろう? – ティム・カトー、マーベリックス・ビート・ライター

ラインナップ変更はクリッパーズに災難をもたらす

このシリーズでのクリッパーズの勝利はいずれもカワイ・レナードに代わってアミール・コフィーが獲得したものだった。 オールスター・ジョージの反対側フォワードで先発出場したのは、レナードが右膝の捻挫で良いプレーができなかったため、ワイルドカードで先発5人に入った。

第5戦はある種のターニングポイントとなった。 コーフィーは序盤に苦戦し、フィールドゴール6本中1本でわずか3得点しか決められなかった。 クリッパーズのコーチ、ティロン・ルーは第3Qの早い段階で彼を引っ張った。 そして第 3 四半期、4 枚の DNP-CD の後、PJ はタッカーをシリーズに紹介しました。

タッカーは今シーズン、期待もされず成績不振に終わった。 クリッパーズはタッカーがフロアにいたため、1試合当たり1.9点差で上回った。 今シーズン、クリッパーズにとってプラスマイナスの悪い選手はK.J.だけだ。 マーティン(2試合出場)、コービー・ブラウン(ルーキー)、ザビエル・ムーン(ツーウェイ契約)、ブランドン・ボストン・ジュニア(ほとんど出場なし)。 タッカーがプレーしていた今季のクリッパーズは11勝17敗だった。

しかし、ルーは第6戦の前に先発メンバーを変更した。 試合前に誰が誰なのかは明かさなかったが、ノーマン・パウエルの攻撃陣やラッセル・ウェストブルックの守備陣を助ける代わりに、ジョージやハーデンではなくルー・タッカーを先制点に選んだ。 。

それは即時かつ予測可能な災害です。 クリッパーズがオフェンスリバウンドとポゼッション争いで敗れたため、集団的な運動能力の欠如はすぐに明らかになった。

タッカーが初めて退場した時点では、クリッパーズは第1Q残り4分45秒で20-10とリードされていた。 前半はタッカーがベンチにいたため、クリッパーズはハーフタイム時点で52点の同点に追いつくことができた。 パウエルは第2Q最後の6分11秒にスターターとともに19対6のランを続けた。

しかし、タッカーはすぐにそこに戻って後半を開始した。 ダラスは、ファストブレイクと、これまで効果のなかったドンチクと、これまで目立たなかったアービングのゲーム最初の3秒シュートを特色とした8対0のランで、第3クォーターを開始するまでに108秒かかった。 クリッパーズは前半で同点に追いつかれたにも関わらず、タッカーは第3Qの4分25秒までフロアを離れなかった。 タッカーは4分の3までの数分間でダラス・クリッパーズを21点上回った。

クリッパーズにとって残念なことに、タッカーは8得点、2リバウンド、3ターンオーバー、5ファウルで試合を終えたが、これはアービングの4得点試合よりも悪い成績だった。 クリッパーズはハーフタイム以降、タッカーがグラウンドやフロアに倒れ込むなど、十分なプレーをすることができなかったが、序盤のホールの両方でクリッパーズを破壊し、シーズンの終わりを早めた。 — ラ・マレー、クリッパーズのビートライター

シリーズ: 3-3

マジックはラインナップを拡大している

ゲイリー・ハリスが去ったことで、マジックのコーチ、ジャマール・モズリーは、第5戦を終えた時と同じビッグラインナップ、つまりジェイレン・サッグス、フランス・ワグナー、ジョナサン・アイザック、パオロ・バンチェロ、ウェンデル・カーター・ジュニアを第6戦で先発させることを選択した。

チャック以外は全員6フィート10インチ以上。

モズリーはなぜそのグループを選んだのでしょうか? これにより、彼のベストディフェンダーの2人、チャックスとアイザックが同時にグラウンドに立つことになった。 また、コール・アンソニー、マーケル・フルツ、ジョー・イングルス、アイザック、モー・ワグナーというマジックの通常のセカンドユニットも無傷で保たれた(アイザックが第1Q途中で退場し、第2Qの先発に復帰したため)。 そして、モズリーが若い選手たちに自信を与えるために、ここ何週間も有意義なプレーをしていなかった若手のアンソニー・ブラックや2年目のスウィングマン、ケイレブ・ヒューストンに頼らなくても済むようになった。

うまくいきましたか? 混合バッグになる可能性があります。 オーランドは第1クォーターでクリーブランドを29対25で上回り「勝利」したが、第3クォーターは同じ先発メンバーが出場し、クリーブランドが13対2でリードした。

守備面では、超高身長のラインナップがキャブスの3ポイントシュート28本中7本成功に抑える要因となったのは確かだ。 しかし、キャブズはペイント内でマジックを66対38で上回った。

モズリーは第4Qに大幅な調整を行い、ほとんどの時間でアイザックの代わりにアンソニーを起用した。 シリーズでは低迷していたアンソニーがオフェンスレイアップを守り、その直後にオーランドのリードを96-91と広げるなど大きな役割を果たした。

モズリーの最大の強みの 1 つは、その場で調整できる能力です。

金曜日にはそれが大きな成果を上げた。

第7戦が日曜日に近づく中、モズリーは今後も自分の直感を信じ、必要に応じてその場で調整していくだろう。

それが彼のチームをここまで導いてくれた。

マジックは2回戦進出まであと1勝となった。 – ジョシュ・ロビンス、シニアNBAライター

キャバリアーズの非レブロンプレーオフ干ばつはまだ続く

キャバリアーズは1993年以来、レブロン・ジェームズがジャージを着ずにプレーオフシリーズに勝ったことがない。

金曜の夜には両者は接戦に近づき、ドノバン・ミッチェルはレブロンに最高の印象を与えた――42分間で36本のシュートを放ち50得点を記録した。 もしクリーブランドが第6戦とシリーズに勝っていれば、チームに関係なく、ミッチェルのキャリアの中で特徴的なパフォーマンスとなっていただろう。 試合を重ねるごとに、JP・ビッカースタッフ監督が頼れる選手の数は減り、疲労の色が薄れ始めた――残り56秒でミッチェルがターンオーバーし、クリーブランドはタイムアウトで98-93とリードされた。 その代表的な例です。 第4Qのクリーブランドのターンオーバーは8本のうちの1本だった。

ミッチェルとダリアス・ガーランド(43分で21得点)はどちらも第4Q全体と後半の大部分でプレーした。 一方、キャリーズ・レバートは休憩後にプレーしなかった。 これは批判ではありません。 ビッカースタッフは試合に勝つ必要があり、第4Qで5点のリードを持っていたため、勝利をもたらすことができると思われる選手たちを起用した。 ミッチェルはキャバリアーズの18得点すべてを最終フレームで獲得した。

さらに深く進む

ドノバン・ミッチェルは敗戦にもかかわらずキャバリアーズをフランチャイズを変える第7戦に導く

マーカス・モリス・シニアがクランチタイムだけでなく、試合開始時にもフロアにいたとは想像もしていなかったでしょう。 ジャレッド・アレンが肋骨の負傷で復帰できないため、ビッカースタッフ監督はアイザック・オコロに代わってモリスを起用し、第5戦では先発出場した。 このアイデアはオーランドの規模を縮小する可能性が高いが、金曜日の第5戦でクリーブランドが享受した余分なスペースを減らすことにはならないだろう。

モリスはシュート7本中1本成功で2得点を記録した。 長らく球団の将来を担うと言われていたエバン・モブリーは3得点、7リバウンドを記録した。

全体として、キャブスは3を達成できなかった。 彼らのシュートは第6戦の28本中7本成功よりも良く、ボストンに勝てた可能性もあった。 ここでもクリーブランドは、サイズの不利にもかかわらず、ペイントスコアで66対38という信じられないほどのアドバンテージを享受した。

試合後、ミッチェルとビッカースタッフは、第6戦のフリースローの明らかな差を指摘し、クリーブランドの10本に対し、オーランドはライン際で26本のシュートを打った。 ミッチェルは、それだけが敗因ではなかったが、66ランを記録したと語った。 ペイント内で得点と10本のフリースローを獲得するのは「クレイジー」だ。

第 7 戦、ファイブボーイがまもなく始まります。 キャバリアーズとそのロッカールームにいる人々にとって、多くのことが危険にさらされている。 先物がかかっている。 彼らはこの考えだけでなく、この考えも心に留めておくべきだ。ミッチェルは自分の最高のバージョンのようにプレーしたが、接戦ではそれが十分ではなかったのだ。

それは重い考えです。 — ジョー・ヴァーデン、ベテランNBAライター

必読

(写真: (グレン・ジェームス/NBAE、ゲッティイメージズ経由)

READ  雇用統計で予想よりも弱い賃金上昇が示された後、ダウ平均は 300 ポイント以上上昇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です