2人目のアメリカ人人質、ジュディ・ハッカイがハマスの拘束中に死亡

イスラエル治安部隊は木曜、ガザ市で同国軍が12月15日にイスラエル人人質3人を射殺した事件に関する内部調査で「そのうちの1人が白旗を振っていた」ことが判明したと発表した。 銃で撃たれた。

「2023年12月15日、シェジャヤでの激しい戦闘中、イスラエル国防軍兵士が脅迫者と特定された3人に発砲し、人質のうち2人が命中し死亡した。3人目は逃走した」とイスラエル国防軍は述べた。

「司令官らは3人目の男の身元を特定するために発砲を命令した。約15分後、大隊長はヘブライ語で『助けて』と『彼らが私に向けて撃っている』という叫び声を聞き、『我々に向かって来い』と叫びながら追加の発砲命令を出した。ヘブライ語で。 「人影は建物から軍隊に向かって現れた。近くの戦車からの騒音のため命令に従わなかった兵士2人が3人目の人質を射殺した」とイスラエル国防軍は続けた。

「発見物とその地域の航空映像の調査と分析により、人質たちは上半身裸で歩いており、そのうちの1人は兵士の位置に比べて視界が悪く、白旗を振って一点に立っていることが判明した。発砲した」とイスラエル国防軍は述べた。追加した。

イスラエル軍は事件に先立つ数日間、「ハマス工作員の身分証明書とヘブライ語で『助けて』と書かれたメモがシェジャヤ地区の恐怖トンネルの出口で発見された」と発表したが、軍はこれを次のようにみなした。ハマスが彼らを待ち伏せに誘おうとする試みだ。」

事件の前日、「人質が殺害された場所から200メートル離れた建物で、『SOS』と『助けて、人質3人』という看板がドローン映像で確認された。建物の近くでは、青い樽がよく仕掛けられていた。軍隊が直面している地域は、シェジャイヤ地域で目撃されたため、罠の疑いがある」とIDFは付け加えた。

「調査の結果、司令部はシェジャヤ地域に人質が存在するという情報を持っており、人質が中にいると思われる場所での攻撃を阻止する措置を講じていたことが明らかになった。」しかし、「今回の場合、情報はなかった。人質がいた建物。 」

イスラエル国防軍は「指揮系統全体がこの困難な出来事に責任を感じており、決定を遺憾に思っており、人質3人の家族の悲しみを共有している」と述べた。

READ  ボルソナロ氏、自主亡命後ブラジルに上陸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です