2023 ホームランダービーのオッズ、指名、順位表: フリオ・ロドリゲスはホームパークでダービーに勝つことができるか?

2023年のホームランダービーは月曜日の夜に設定されており、別のロードフィールドが登場します。 シアトル・マリナーズの外野手フリオ・ロドリゲスは地元の優勝候補であり、8人制の1回戦で2度のチャンピオンであるピート・アロンソと対戦することになる。 アロンソはBetMGMで勝ちたかった。

ダービーは東部時間午後 8 時に始まり、ESPN、ESPN2 (Statcast)、およびイベントをストリーミングしたい場合は ESPN アプリで放送されます。

フアン・ソトは、昨年の準決勝で2度のディフェンディングチャンピオンであるピート・アロンソを31対23で破り、2022年のホームランダービーで優勝した。 決勝ではロドリゲスを19対18で破った。 2023年のホームランダービーの第1ラウンドでロドリゲスとアロンソが対戦するところを見てみましょう。 アロンソにとってダービー参戦は4度目となる。 これ以上に出場しているのはデビッド・オルティスとアルバート・プホルスだけだ。

ホワイトソックスの外野手ルイス・ロバーツ・ジュニアは、7月4日に最多本塁打を打った第1シードとなった。 、ディフェンディングチャンピオンは常に第1シードを獲得する必要があります。 正直に言うと、このトーナメントではシード権は関係ありません。

ウラディミール・ゲレーロ・ジュニアにとってホームランダービーへの出場は2度目となる。 2019年、彼はクリーブランドのプログレッシブ・フィールドで40本塁打で1ラウンド最多本塁打の記録を樹立し、ダービーでは決勝でアロンソに敗れた91本塁打で最多本塁打記録を樹立した。

T モバイル パークには開閉式の屋根がありますが、外野が開放されたドーム球場ではありません。 2017年にマーリンズ・パークで見たものと似ており、屋根が外れた状態でモンスターホームランが何本かあったにもかかわらず、その夜は500フィートを超えるホームランも飛び出し、外の窓は開いていた。 屋根の開閉は確認できません。

月曜日のシアトルの天気予報では、ホームランダービー開催中は時速5~7マイル、風速70度が吹くとのことだが、それほど大きな影響はないだろう。 低温ボールはどのくらいの距離まで飛びますか? イベントに最適な天候を考えると、MLBが屋根を開けたままにする方向に傾いている。

2023 ホームランダービー オッズ

BetMGM のすべてのオッズは月曜日の午後に更新されます。

最長ホームランプロップ

最長ホームラン記録は489.5フィートに設定されている。 スタットキャスト時代のTモバイル・パークでは、470フィートを超えるホームランはなかった。 ブラスト by マイク・ズニーノ 彼は左翼席の最後から2番目の列に着地した。 Tモバイル・パークで左翼席にホームランを打った選手は10人にも満たない。

大谷翔平は昨シーズンのマリナーズ戦でこのボールを完璧に破壊した。 Statcast は高さ 463 フィートを予測しています。


2021年にクアーズ・フィールドでは10本以上のホームランが500フィートを超えたが、それは高地でのことであり、通常、クアーズ・フィールドではボールが湿気の多い場所に保管されていない。 ソトは昨年の大会で最長となる482フィートの本塁打を放った。

気温が高くて風もなかったので、私はここでうずくまっていました。 屋根が開いているとボールが遠くに飛びにくくなります。

2023 ホームランダービーブラケット

ロバートは第1ラウンドで優勝候補だったが、ゲレーロはベッツに対して第6シードだったにも関わらず2番目の優勝候補だった。

(1) ルイス・ロバート・ジュニア (-215) vs. (8) アトリー・ラッチマン (+175)

(4) アドリス・ガルシア (-140) vs. (5) ランディ・アロサレナ (+115)

(2) ピート・アロンソ (-170) vs. (7) フリオ・ロドリゲス (+140)

(6) ウラディミール・ゲレロ・ジュニア (-210) vs. (3) ムーキー・ベッツ (+170)

ホームランダービー専門家が選ぶ

勝者:ランディ・アロサレナ

アローザ・アリーナのキャリア年間の平均退場速度は時速92.7マイルだった。 彼はボールの14.8パーセントをバレルした。 アロンソとロドリゲスが注目を集める中、彼は今大会では見逃される選手となるだろう。 アローザ アリーナはショーマンであり、個人の野球界にとってホームラン ダービー以上に素晴らしい舞台があるでしょうか。

274.5オーバー/アンダーホームラン

天気も良く、T モバイル パークがホームラン スタジアムの真ん中にあるので、私ならここに行きます。 総安打数は、各対戦で一塁手が打った本塁打の数を指します。 昨年は準決勝と選手権の合計が低かった。

リーグ勝利: アメリカ (-300)、ナショナル (+220)

私はピート・アロンソとムーキー・ベッツにしか賭けていないので、アメリカン・リーグをください。

(写真:フリオ・ロドリゲス:スサナ・ミッチェル/サンフランシスコ・ジャイアンツ/ゲッティイメージズ)

READ  ULA アトラス V NROL-107 | ケネディ宇宙センター ビジター コンプレックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です