2023 年の「リング オブ ファイア」日食のハイライト

かつて先住民族マヤ族の本拠地であったエツナ遺跡には、日食の数時間前に数百人が集まり、彼らは何世紀にもわたって日食を引き起こす周期を予測していた。

メキシコ、メリダ出身の2人の写真家、ダニエル・アレドンドとタニア・カンポスは午前3時に起きて現場の先頭に並んだ。 マヤ遺跡からこの出来事を目撃するのがより理にかなっている、と氏は言う。 アレドンド氏は語った。

「私は先祖たちに月、星、太陽についての知識を私たちに教えてほしいと思っています。だからこそここはとても興味深いのです」と彼は語った。

日食から1時間以上が経ち、空にオレンジ色の三日月が現れると、エツナ広場の司会者が人々に瞑想について指導し始めた。 遺跡や寺院、芝生の間に座り、空に向かって腕を伸ばす参加者もいた。

MCはスペイン語で、この瞬間は「新たな機会への変化の兆しであり、人生に変化をもたらし、手放したいものについて考え、人生のバランスをとる瞬間について考える必要がある」と述べた。

瞑想する人もいれば、伝統的な聖歌を手拍子する人もいた。 多くの人が日食メガネ、双眼鏡、望遠鏡を使って上の光景を観察しました。

リングステージの直前に雲が太陽と月を覆うと、観衆は熱狂的になり、最も大きな音程に達した。 彼らは雲を動かすために口笛を吹き、歓声を上げました。

日食を撮影するためにスロバキアから訪れた男性が寺院の頂上から拍手を送った。

女性は瓦礫の上からスペイン語で「準備をしなさい」を意味する「リスト」と叫んだ。

日食が現れた後、群衆は熱狂した。 「ブラボー」と同じ女性が叫んだ。

地元当局は、日食のために数千人の観光客がユカタン半島に押し寄せると数か月間警告してきた。 しかし、主催者や地元の研究者らは、天文学に深く根ざした過去の部族コミュニティを祝うことに熱心だ。

金曜日のカンペチェ市での日食の前に、メキシコやアンデスやマヤの人々を含むラテンアメリカの他の地域の先住民族コミュニティの代表らが、日食を象徴する4つの異なる花びらを石造りのパティオに置いた。 中央には太陽を表す黄色い花を重ねました。

カンペチェ州ヌンギニ出身のフメン族またはマヤ族のヒーラーであるビクトリアノ・チン・フーチム氏は、金曜日の夜、多くのマヤ族と同様に不安を持って日食を眺めていた祖父の遺産を称える式典に出席した。

「妊婦の場合、お腹に触れたら」。 フチムが子供に危害を加える可能性があると考えられている。

しかし、カンペチェ州の伝統的な羽の生えた部族の衣装を着た人々を含む群衆の前でキャンドルやハーブに火を灯しながら、同氏はこう語った。 フーチム氏は、楽観的にこのシーンを祝うことに集中すると述べた。

「それは一つのサイクルの終わりであり、次のサイクルの始まりだ」と彼は言った。

READ  ウィスキー以外のボトルをめぐって火の玉メーカーが訴えられる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です