2024年全米オープン:ロリー・マキロイが連覇後、最新メジャー大会の代わりを目指す

ノースカロライナ州パインハースト — ロリー・マキロイはここ10年間、メジャー選手権で優勝していない。 過去 2 年だけでも 2 回の 2 位フィニッシュを含む、何度か危うい場面があった長い苦戦。 日曜日、マキロイは2024年全米オープンの最終ラウンドに臨むことになり、勝利を手にしてトロフィーを手にすることができれば、ついにブレーク・イーブンのチャンスが訪れる。

マキロイは、最後のメジャー大会であるヴァルハラでの2014年全米プロゴルフ選手権以来、20回トップ10入りを果たしている。 これらの結果の一部は、リーダーボードでバックドアフィニッシュにつながった超低順位の日曜日ラウンドの中でもたらされたものだが、近年のロリーはウィナーズサークルに近かったため、彼の大干ばつは特に残念なものとなった。

マキロイの過去10回のメジャースタートのうち5回はT6以上でフィニッシュしており、その中にはロサンゼルスカントリークラブで行われた昨年の全米オープンでの準優勝も含まれている。 それはマキロイが日曜のパインハースト第2戦で直面する状況をよく反映している。 彼は昨年と同様に最終グループに入り、プレー後の試合ではパトリック・カントレーというもう一人の素晴らしい才能とペアを組むことになる。 2023年にスコッティ・シェフラーと。

目標は変わりません。パースコアでリーダーを追いかけ、クラブハウスに向かう途中で最終グループにプレッシャーをかけることです。 マキロイは昨年はなかなかうまくいかなかったが、1番ホールでバーディ、14番でボギーを喫し、イーブンパー70の最終ラウンドで最終的に優勝するウィンダム・クラークに1打差で敗れた。

土曜日に1アンダー69をマークした後、マキロイは「最終グループにいることには賛否両論あり、前のグループでプレーすることは決して悪いことではない」と語った。 「私は昨年のLACCで最終日を迎えるときと同じポジションにいる。だから、慣れているよ、私はこれまでに何度もここに来ているし、ゴルフの日に向けて準備をするつもりだ。素晴らしい結果を出さなければならない」 。」

2011年の全米オープンはマキロイにとって、コングレスショナル・カントリー・クラブでの22歳としてのメジャー初勝利となったが、この特別なメジャーは彼の初期のキャリアのほとんどにおいて彼のゲームに合った大会ではなかった。 マキロイは2010年から2018年にかけて全米オープンで9回スタートして5回予選落ちを逃したが、USGAが全米選手権に提示した独特の課題に対抗するための正しいアプローチが自分にはないと感じたと今週表明した。

課題を受け入れ、必要に応じてより保守的なアプローチを取るという考え方の変化が、まったく異なる結果をもたらしました。 マキロイは過去5回の全米オープン出場でトップ10に入っており、アプローチの変化を称賛した。

「全米オープンのキャリアを始めて10年が経つまで、全米オープンのシステムを受け入れたことがなかったと思う」と彼は週の初めに認めた。 「私は2009年に初めてゲームをプレイしましたが、2019年にペブルでの試合でゲームに対する考え方が大きく変わったと思います。それから私はこのスタイルのゴルフをもっと楽しむようになりました。私たちがプレイしているゴルフとは大きく異なります」毎週。”

そのゴルフスタイル? コース上では謙虚であり、時には保守的にプレーするが、チャンスがあれば積極的にプレーすることだ。 そして最も重要なことは、グリーンの真ん中に狙うこと、どのホールでもチャンスを与えること、しかし「困ったときは薬を飲むこと」に挫折したときの逆境への対処法を知ることだ。

パインハーストでのこれまでの努力にもかかわらず、フィニッシュまでには学ぶべき教訓と改善の余地がある。 終盤の2ボギー(15番と17番)でマキロイはブライソン・デカンペとの最終組み合わせを逃し、日曜日に直面する3打差を守ることなく、首位まであと1打以内にとどめた。

こうした危機一髪の結果を覆し、10年に及ぶプレーオフの干ばつを打破することは、チャンピオンシップがかかっている日曜遅くに必要なスペクタクルで大団円を迎えることになるだろう。 もしマキロイがプレッシャーの下でその卓越性を呼び起こすことができれば、彼はとらえどころのないメジャー5勝目を獲得するためのパズルの最後のピースを所定の位置に置くことになるだろう。

READ  YMOメンバーで数々の賞を受賞した日本のミュージシャン、坂本龍一さんが亡くなりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です