2024 年 3 月のユーロ圏のインフレ率

エネルギー、食品、アルコール、タバコを除いたコアインフレ率は3.1%から2.9%に低下し、予想を下回った。

しかし、欧州中央銀行の主要な監視機関であるサービスインフレ率は5カ月連続で4%にとどまっており、賃金上昇への圧力が続いていることを示している。

ECBが水曜日に発表した別の指標によると、2月のユーロ圏失業率は6.5%で、1月と比べて横ばいだったが、2023年2月には6.6%となった。

価格が上がります フランス そして スペイン 先週は予想を下回った。 火曜日、群衆の最大の経済におけるコアインフレ、 ドイツ3年ぶりの低水準は2.2%と推定された。

市場では、ユーロ圏中央銀行が6月に借入コストの削減を開始すると予想されており、この動きはECB意思決定者らの​​最新ニュースに反映されている。 次回の財政政策決定会合は4月11日に開催される。

ECBタカ派のオーストリア中銀総裁ロベルト・ホルツマン氏も以前、2024年には利下げはないと述べていた。 ロイターに語った 同氏は今週、「6月緩和に原則的に反対はない」と述べた。

INGのマクロ部門グローバル責任者、カールステン・ブレスキ氏は水曜日のメモで「現在の物語は明らかに6月の最初の利下げを示している」と述べた。 同氏は、これに続いて3月のインフレ軸と賃金伸び率に関するデータ、さらには国内総生産(GDP)とインフレに関するECBスタッフの予想も発表されるだろうと述べた。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、カミル・ガワー氏は、水曜日の発表は「インフレ克服のラストワンマイルは厳しいという考えに冷や水を浴びせた」と述べ、今年5回の利下げの必要性を改めて主張した。

「エネルギーインフレが加速したにもかかわらず、イースター明けからの押し上げにも関わらず、インフレは緩和した。食品価格の下落やサービスの温度上昇など、見出しの良い数字があまり好ましくない詳細を覆い隠しているものの、全体的なインフレは依然として低下傾向にある。2%を下回っている」夏には時々ね」とガワー氏は語った。

READ  テスラにとって悪い年でした。 一部の投資家はイーロン・マスクを非難している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です