5億800万年前の「ボンペイ」三葉虫化石、これまでに見たことのない特徴を示す

5 億 800 万年前の三葉虫が火山物質の中に保存されており、これまでに見たことのない詳細が 3D で明らかになります。 化石化は非常に急速で、小さな貝殻がその場で保存されており、口器や内臓を含む軟組織が今でも見ることができます。

三葉虫は火砕流の中に埋もれていました。火砕流は、火山から噴出されるときに時々高速に達する、熱くて密度の高い物質です。 200 メートル (656 フィート) 毎秒。 通常、その進路にあるあらゆる生命を焼き尽くしますが、海洋システムでは状況が変化する可能性があります。

「灰が流れる海の表面は危険なほど熱く、浅い深さでは確かに動物を火傷させていただろう」と研究の共著者は述べた。 グレッグ・エッジコム博士 ロンドン自然史博物館がIFLScienceに語った。 「海底に生息する三葉虫が運ばれ、加えられるため、灰は海水と混合されます。海水の柱を通して混合することで、灰は十分に冷却されたはずです。」

モロッコの高地アトラスで収集されたこの古代の驚異は、灰の中に驚くほど保存されていたため、「ボンビ」三葉虫と呼ばれていました。 彼らは信じられないほど古いですが、これまでに発見された最古の三葉虫というわけではありません。

それらの年齢は約5億800万年で、最古の三葉虫である約5億2100万年よりも若い。 ルソフィカスと呼ばれる巣穴の形をした古い痕跡化石もあり、これは三葉虫の仕業と考えられており、5億2,800万年以上前のものと考えられている。

しかし、比較対象のホイッパーフエダイは、その保護レベルの点で依然として注目に値します。

「私たちの標本をユニークにし、実際に特に原始的なものにしているのは、その付属器官が三次元的に保存されていることです」とエッジコム氏は続けた。 「節理は、平らになったり、再配置されたり、壊れたりすることはありません。生命の向きに近い状態で保存されています。また、節理は岩石基質の空隙として保存されているため、断層撮影により画像化して 3D で見ることができます。」

三葉虫ザイゴテラ・マウレタニカの腹側から見た顕微鏡断層撮影による再構成。

画像クレジット: © Arnaud MAZURIER、IC2MP、Univ. ポワティエ

「頁岩に保存された付属物はその組成を美しく保存できますが、化石はほぼ 2D になるまで圧縮されているため、付属物の下部を確認するには破壊サンプリングを使用して付属物の上部を機械的に掘削する必要があります。私たちのモデルは検査後も以前と同じように完璧でした。

このこれまでに見たことのない詳細により、スリット状の口と特徴的な頭状の摂食付属器を備えた三葉虫を、これまでに見たことよりも詳しく見ることができます。 彼女は美人じゃないですか?

研究は雑誌に掲載されます 科学

READ  熱波の影響で今週末は気温が130度まで上がるそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です