6月の小売売上高は3か月連続で増加


ワシントンDC
CNN

米国の消費者の低迷が緩和され、6月の米国小売業者の支出は3カ月連続で増加した。

商務省が火曜日に発表したところによると、インフレではなく季節調整後の小売支出は6月に0.2%増加した。 遅いペースです 前月改定値比0.5%増 また、リフィニティブによると、0.5%の利益はエコノミストの予想を下回った。

6月の家具売上高は前月比1.4%増加したが、百貨店での支出は2.4%減少した。 ガソリンスタンドと自動車・部品の販売を除いた6月の小売売上高は5月比0.3%増加した。 6月の全体小売売上高は前年比1.5%増と、2020年5月以来2番目に低いペースとなった。

この数字は、高金利、頑固なインフレ、長引く経済的不確実性の中で、米国の消費者が依然として財布を開いている兆候をさらに強めている。

パンテオン・マクロエコノミクスのイアン・シェパードソン氏とキーラン・クランシー氏はアナリストノートで、「消費者支出は新型コロナウイルス感染症期間中に蓄積された過剰貯蓄の枯渇の影響を受けている」と述べた。 「昨年夏の900億ドルのピークから、学生ローンの返済額は9月以降減少し、5月には700億ドルになったと推定しています。 追加のキックを与えます。」

小売売上高は、経済生産高の 3 分の 2 を占める広範な消費支出に反映されます。 今年の最初の 3 か月よりも遅いペースではあるものの、第 2 四半期の個人消費は回復した可能性があります。

支出の数字は、ここ数カ月で徐々に冷え込んでいる労働市場の状況に大きく影響される。 雇用主が追加しました 6月の雇用者数は20万9,000人、5月予想の30万6,000ポジションを10万近く上回っており、月間上昇率としては2020年12月の下落以来最小となった。 雇用市場は歴史的な基準から見て依然として堅調です。

FRBはインフレを抑制するために経済を冷やそうとしているため、当局者らは支出の着実な減速を、それが続く限り好意的に見ている。 そして、支出が勢いを失い続けることを示す兆候はたくさんある。

EYパルテノンのシニアエコノミスト、リディア・ブッスール氏はアナリストノートで「消費者は依然として支出を続けているが、インフレの長期化と米連邦準備理事会(FRB)の引き締めサイクルが大きな打撃を与える中、より慎重に行動している」と述べた。 「今年下半期には雇用と家計の可処分所得の伸びが鈍化すると予想されるため、個人消費の減速が拡大し、過剰貯蓄は縮小し、学生ローンの返済が再開され、信用状況はさらに逼迫するだろう。」

中央銀行役員 今月末にお会いしましょう 最新の金融政策決定に合わせて、4分の1ポイントの利上げが行われると広く予想されている。 関係者が明らかにした やるべきことはまだあります 中銀の最新の経済予測によれば、インフレを確実に阻止するために、今年はさらに4分の1ポイント利上げが行われる可能性がある。 一部の当局者はすでに、9月に2回目の利上げを行うのが得策であるとの考えを示している。

引き続き好調な経済とさらに好調な労働市場は、当局者らを非常に不快にさせるだろう。 しかしFRBにとって幸運なことに、米国の消費者は今年後半にさらに厳しい経済情勢に直面することになり、大幅な節約に駆り立てられることになる。

商務省は7月27日に第2・四半期国内総生産(GDP)の最初の推計を発表する。

READ  ロケット打ち上げ SpaceX ファルコン 9 スターリンク 6-6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です