CBIサプライズを受けて米国株が上昇

2月のインフレ率は予想よりも高かったが、これは住宅とガスという2つの要素によってもたらされた。

宿泊施設指数は調整前で前年同月比5.7%上昇、前月比0.4%上昇と、1月の年率6%上昇、前月比0.6%上昇からは鈍化した。

エコノミストによると、コアインフレ率が高いのは、粘着性のシェルターインフレが主な原因だという。

賃料指数と所有者等価賃料(OER)は月次ベースでそれぞれ0.5%、0.4%上昇した。 所有者の公平な家賃は、住宅所有者が同じ不動産に対して支払うであろう仮定の家賃です。 1月の賃料指数は0.4%上昇、OERは0.6%上昇した。

プライム・アセット・マネジメントのチーフ・グローバル・ストラテジスト、シーマ・シャー氏は「中核サービスのインフレが再び上昇している一方、宿泊施設のインフレは鈍化する一方、重要な中核サービスはすべて先月から弱含んでいる」と指摘した。

シャー氏は、インフレ傾向は前向きだが、物価圧力は「非常に徐々に」緩和されるだろうと述べた。

同エコノミストは、「この紙面は6月の利下げ期待を安定させるのに十分だが、来月にこのような紙面がまた出れば、軟着陸というストーリーに疑問が生じ、最初の利下げが今年下半期に実施されることになる」と述べた。

コアインフレ上昇の主な原因となっているエネルギー価格は、ガス価格による数カ月間の下落を受けて上昇した。 同指数は1月に0.9%下落した後、2月は2.3%上昇した。 しかし、前年比では1.9%下落した。

ガソリン価格は前月の3.3%下落後、1月から2月にかけて3.8%と大幅に上昇した。 それは主に季節限定であり、 引っ張る 米国の製油所で使用されています。

2月に上昇したその他の指数には、アパレル、エンターテイメント、中古車やトラックなどが含まれた。

BLSは、航空運賃指数が1月の1.4%上昇に続き、2月は3.6%上昇したと指摘した。 自動車保険指数は前月比0.9%上昇した。

2月の食品指数は前年比2.2%上昇し、食品価格は1月から2月にかけて横ばいとなった。 内食指数は1月に0.4%上昇したが、同月は横ばいとなった。

しかし、家庭から出る食品は前月比0.1%上昇し、1月の0.5%上昇に続きました。

詳細はこちらをご覧ください。

READ  日食 2024: 北米の数百万人が大ヒット作となる作品を視聴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です