FRB議事録:当局者らは更なる利上げについて不確実

FRB当局者らは5月2─3日の会合の議事録で、金融政策の今後の方向性に重大な不確実性があると指摘した。 中銀当局者らは、今後数カ月利上げを継続するか据え置くかを議論する中、選択肢を残しておく必要性を認めた。

当局者らはインフレを懸念していたものの、金融情勢の逼迫と金融政策措置の減速の影響により、引き締めキャンペーンはほぼ終わったことを意味しているとの認識を強めていた。

議事要旨には「参加者は総じて、どの程度の政策引き締めが適切なのかについて不透明感を表明した」と記されている。

水曜午後に発表された新たな洞察は、中銀当局者らが今月初旬の会合で政策変更と金利据え置きをいかに真剣に検討していたかを浮き彫りにした。 議事録は各会合の数週間後に公表されるが、中央銀行関係者がどのように感じているか、金融政策がどこへ向かうのかについての手がかりを得るために注意深く監視されている。

金融政策の今後の道筋が依然として不透明な中、5月の議事録は特に価値がある。 FRB当局者らは6月中旬の次回政策委員会までに金利を引き上げるべきか据え置くべきか議論を続けている。

広告 – スクロールして続行してください

最新の発表は、5月の会合での議論の程度を浮き彫りにしている。 議事録によると、一部の当局者は予想されるインフレ経路に沿って追加利上げが正当化される可能性があると感じていた。 議事要旨によれば、多くの人がこれ以上の引き締めは必要ないと感じているという。 当局者らは、6月13─14日に予定されている次回政策会合に先立って、今後発表される経済指標を注意深く監視する必要性についておおむね同意した。

5月の会合の議事録によると、中銀スタッフらはすでに逼迫した金融状況に加え、予想される銀行融資条件へのさらなる引き締めの影響を理由に、今年後半に緩やかな景気後退に陥る可能性が高いとの見方を維持していることが示された。 FRBスタッフはシリコンバレー銀行とシグネチャーバンクの破綻直後の3月会合で初めて景気後退予測を発表した。 彼らは減速の後に「やや活発な」回復が続くとみている。

このスタッフ予想にもかかわらず、当局者らは5月の追加利上げに全会一致で賛成票を投じ、フェデラル・ファンド金利は5─5.25%のレンジとなることを妨げなかった。 中銀当局者らは経済見通しについてやや楽観的でない見方をしているようで、信用状況の引き締めは経済活動の重しとなるものの、「こうした影響の大きさは依然として不透明だ」と述べた。

S&P 500とともに、発表後に株価が下落した

広告 – スクロールして続行してください

東部時間午後2時半までに0.9%下落した。

これは速報です。 さらに最新情報をチェックしてください 以下の議事録のプレビューをお読みください。

FRB当局者らは今月初めの中銀政策会合で全会一致で利上げに動いたが、引き締め努力を中止することが最も賢明な措置なのかどうかについては大きな議論があった。

さて、5月2日と3日のFRB会合の議事録は、当局者が金利の据え置きにどれだけ真剣に取り組んでいるのか、また連邦公開市場委員会のメンバーが金利停止を支持する声を上げているかどうかを知る手がかりとなる可能性がある。

水曜午後に公表される最新のFRB議事録は、当局者らが金利を5~5.25の範囲に4分の1ポイント引き上げることを決議した直近のFOMC会議中に行われた内部審議に新たな光を当てることになる。 % FRB議事録は各会合の数週間後に発表されますが、中央銀行当局者がどのように感じているか、今後数週間または数か月で金融政策がどこに向かうのかについての手がかりを得るために常に注意深く監視されています。

広告 – スクロールして続行してください

5月の会合前、同グループの最もハト派的なメンバーの一部は、春の一連の銀行破綻による余波が金融状況に同様の影響を与える可能性があると主張し、さらなる政策引き締めの考えに反対していた。 運賃を値上げします。 これは言い換えると、中央銀行がかつて示唆していたほど積極的に利上げする必要がない可能性があることを意味する。

しかし、ジェローム・パウエルFRB議長は4分の1ポイント利上げを発表した際、こうした懸念を無視し、銀行システムは健全であると主張し、経済は景気後退を回避できるとの見方を強調した。

広告 – スクロールして続行してください

当時、FRBは一時停止が来る可能性を示唆していたが、パウエル議長は会合後の記者会見で、FRBは引き続きデータを監視し、必要であれば追加利上げも躊躇しないと明言した。 議事録は、数字によって危機終結の時期が決まるため、中央銀行が今後の経済指標で具体的に何を求めているのかについての手がかりを求めて綿密に精査されることになる。

特に注目されるのは、議事要旨で発表される中銀スタッフの経済見通しだ。 3月21─22日の会合の議事録によると、シリコンバレー銀行とシグネチャー銀行の破綻直後、FRBスタッフらが今年後半に緩やかな景気後退が起こると予想していたことが明らかになった。

5月の会合後の記者会見で、その見通しが修正されたかどうか尋ねられたとき、パウエル氏は洞察を提供することをほとんど拒否した。

同氏は記者団に対し、「今回の会議に関するスタッフの見通しを特徴づけるつもりはない」と語った。 「数分間放置します。」

中央銀行は水曜日の午後2時に議事録を発表する予定

Megan Cassella (megan.cassella@dowjones.com) にメールしてください。

READ  メインラインの健康マスクは2週間義務化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です